霧深い京丹波の朝

また出張で暫く撮影が出来なくなるので、お休みをいただいてプチ遠征に行ってきました。場所は京都府山陰本線の和知というところです。綾部から京都寄りで由良川に沿って走っている区間ですが、行ってみてビックリ!道路や線路は村の集落よりもうんと高いところにあって、高架鉄道か?と思うような場所でした。

初めて来る場所なのと霧で川の向こう岸や周りの景色が見えなくて調べてきた撮影場所を探すのにも苦労しましたが由良川にかかるたか~い鉄橋をわたる特急列車を撮影してみました。フレームに建物が入らないので川霧が良い雰囲気だったんですが、やってきた列車も白色で背景と同化してしまいましたね。
2012-1213-5
PENTAX K-5Ⅱs+SMC DA★16-50 f2.8 SDM

先ほどは遠目からの撮影でしたが同じ橋の袂までやってきて、見上げるような感じでカメラを構えました。今度は381系国鉄色だったので同化することなく山にも霧にも映える列車の写真が撮れたと思います。鉄橋の奥のほう、肉眼では川面から湧く霧が見えていたのですが、感度を上げていたのもあって潰れてしまいましたね。
2012-1213-6
PENTAX K-5Ⅱs+SMC DA★16-50 f2.8 SDM

この日は2台体制で出かけましたので望遠ズームでトラス橋を渡る183系を後追いで撮影しました。やっぱり”N”の称号がつくレンズは良く映ります。頑張れDA★と発破をかけたくなりますが、気になるところがチラホラ見えるようになってきました。
2012-1213-4
NikonD300S+AF-S NIKKOR 70-200 f2.8G VR II
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。