LVでのピント合わせが・・・

数年前からVDT検診という(ディスプレィを使っての仕事をしている人を対象とした目の検査)ものを受けているのですが、検査の中で両目で覗いてバスの何列目に人が座っていますか?というものがあります。検査を受け始めた時から、片目では見えるのですが両目になると全然見えません。最初のころは「どこに座っていますか?」という問いに対し「分かりません」と答えていたのですが何回も何回も聞かれるので「人なんて座っていません」と答えると看護婦さんに大うけするようなやり取りを続けています。

鉄道撮影ではAFで自動でピントを合わせてくれますが、たまにライブビューで液晶モニタを見ながらMFで撮影することがあるのですが決まってピントが合いません。MFでもピントが合っている範囲ではカメラ側で緑色の○印が出て告知してくれますがライブビューの時はカメラの判断とかなりずれたところでピントが合ったと私の眼(脳)は判断します。この症状とMFでピントがずれる現象は因果関係があるのかどうか?検査のたびに考えてしまいます。おかげで撮影した写真もこの通りぼやけた感じになってしまいます。
2012-1122-1


あれ?よーく見ると上下逆さま??? ごめんなさい!ネタでした。でも目の症状はホントなんです。
ホントの写真は↓です。m(__)m
2012-1122-2
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

素晴らしい写真が続きますね。
都会風景の中では埋没しそうなキハ85ですが
こんな自然が溢れる景色の中ではそのその存在が引き立ちますね。
編成がシャドウの中ですがかえって水鏡にはっきり写って良い感じです。

LVを含めたAFと自分の眼の差異を感じた事は有りませんが
ボチボチ目の衰えを感じる年齢なので目に優しいファインダーと
優秀なAFを兼ね備えたカメラが必要かも知れません。

bigwest_1965 さま

こんばんは。
記事に書いた目の検査の中に視力検査もありましたが、遠視力より
近視力のほうが悪かったです。焦点が合うまでに時間もかかりますし(笑)

撮影した時間帯が夕方近くでしたので風が吹いたり水鳥が泳いだりで
水面が揺れてましたので、水鏡はやはり早朝が一番条件がよさそうです。

私も仕事でPCに向かう時間が長かったことがあり、VDT検診は受けていませんでしたが、長時間PCに向かっていた影響が自分でも感じられる状態でした。
今は紙に向かう時間のほうが長くなってマシにはなりましたが、目の使いすぎにはくれぐれもご注意ください。

AFと目のズレは感じたことがありませんが、ライブビューでのピント合わせについてはちょっと怪しいなあと思いながら使っています。AFのフレームがファインダー内よりも広く、その影響もあるかもしれません。
ファインダーの重要性は明るい単焦点レンズを使うようになって実感するようになりました。ファインダーを省略する機種が大ヒットしているという実態がありますが、きちんとしたファインダーを持つ機種をプロ用機以外にも充実させて欲しいです。

R25さま

こんにちは。
お気遣いいただき、ありがとうございます。
記事に書いた目の検査は両目では見えないのですが、片目では人がどこに座っているのかちゃんと
見えるんです。通常AFの時は片目で覗いていますので、LVの時も片目でピント合わせすれば
ちゃんと合うかも?ふと気づきました。

ボディのキットレンズの場合とナノクリF2.8とではファインダー内の明るさが全然違いますね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。