今の姫新線と僕の撮影スタイルって?

鉄道写真に復活して、丸3年になりました。最初のころは子供のころから大好きだった播但特急のキハ181はまかぜを毎週のように追っかけて撮影をしていました。同時に僕の地元を走る姫新線のキハ40車両の撮影も楽しみでした。

また雷鳥や日本海といった旧国鉄時代から残っている特急列車の撮影に滋賀県や福井県まで出かけることもありました。そして夢中で追いかけたキハ181はまかぜは引退し、雷鳥や日本海といった子供のころから慣れ親しんだ特急列車が次々と引退していきました。
2012-1020-1
(心象写真へ転身しましょうか?   本日の夕焼けより)

はばタンや姫路色のキハを撮影をしていると地元路線である姫新線に密着した撮影をしたいという気持ちが大きくなって、姫新線へ通う機会も増えていきましたが、主役であったキハ40たちも姫新線から姿を消してしまい、今ではころころ浮気をするかのように、目的や信念もなく行き当たりばったりの撮影しか出来ていません。

当然、撮影しても撮ったぞ!という嬉しさもなければ達成感もありません。(全部がそうではないですが・・)はばタンたちの引退から半年以上が過ぎ未だに姫新線に密着した写真を撮りたい気持ちはありますが、この色気のないステンレス車をどう捌いていくか?がとても難しいテーマになっています。
2012-1020-2


そんな僕は、明日も浮気し他の路線へ行く予定です。(バカ!)


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんは!!

いろいろと悩まれているようですね(笑)
いろんな撮影地に出かけていくことはいいことだとぼくは考えます
ただ、やはり自分自身のホームグランドのような場所は必要だと想います
姫新線をホームグランドにされてみてはいかがですか??

実は僕も現在撮影に行き詰まっておりまして、自分自身が何をどう撮りたいのかわからなくなっております

機会があれば、撮影ご一緒できればと願います。

hamakaze さま

こんにちは。
特に悩んでいるというわけではありません。
地元に密着した撮影をされてる方を少しうらやましく思っています。
ただ、姫新線に密着した撮影をしようと思うと、車両をどう絡めていくかが
難しいと感じています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。