阪神JET・ジェット・New-JET

昨日は語学学習で神戸まで行ってました。そのついでといいますか・・梅田でパソコンの実物を見たいこともあって神戸から梅田までの道中で阪神電車の撮影を行いました。
沿線での撮影ポイントをネットでいろいろ調べましたが、阪神では定番ともいえる淀川駅と大物駅のホームから撮影を行いました。
2012-0818-1
阪神電鉄の顔といっても過言ではない各駅停車用車両の青胴車です。今さらの説明は不要だと思いますが、駅間距離が短い中でトップスピード到達までの時間が早い加減速性能が優れていることからジェットカーと呼ばれています。私の中でも阪神といえばこの車両が1番に思い出されます。
2012-0818-4
私の阪神電車に対するイメージは子供の頃に甲子園球場へ連れて行ってもらった時の記憶、青い電車(青胴)や赤い電車があり高速神戸か新開地で乗り換えますが単色の阪急よりも好きだった記憶があります。山陽電車が阪急、阪神ともに三宮まで乗り入れしていた時代は、三宮で遊ぶのも阪神競馬場へ行くのにも阪急のほうが利便性が良かったため、移動手段としては山陽→阪急の利用が大半でした。
2012-0818-2
山陽が阪神梅田までの乗り入れと阪神なんば線開通により甲子園や大阪ドームへ行きやすくなったことや娘の部活動応援で阪神電車を利用する機会が増え、今ではほとんど阪急は利用しなくなりました。
新しいジェットカーや特急車両も増えて撮影する機会も増えてきました。
2012-0818-3
普段は山陽沿線で走行する阪神特急車両ばかりでしたが、お膝元での撮影で楽しい時間を過ごすことができました。阪神電鉄管内では『阪神梅田』ではなく『梅田』の表記なんですね。姫路-梅田の直通特急は『阪神梅田』と表記しますが、行き先表示を親切に行っているか阪急との差別化を図っているのか?一度聞いてみたいところですね。
2012-0816-6


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント