スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

タイ国鉄 第二の人生を送る日本の客車 

機関車や気動車の撮影をしている時に遠くのホームに停車している客車が目にとまりました。塗装はパープルに塗られているものの、その客車に近づいた時にすぐ気付くことができました。日本でブルトレで活躍していた24系客車ですよね。異国の地で現役で活躍している姿を見て嬉しくなりました。
2012-0709-1
タイの国旗は青×赤×白ですがタイ航空の飛行機カラーもパープルですし何か意味があるのでしょうか?乗車口が開いてましたので客車の中も撮影しました。
2012-0709-2
2段ベット・・・B寝台ですね。枕灯や通路の補助椅子も変わらず取り付けられたままです。そしてなんとなんと日本語で書かれた言葉がそのままになっているところを見つけました。ゴミ箱があっても、そこらじゅうにポイ捨てするタイ人ですから、たとえタイ語で書いていてもあまり関係なさそうです。
2012-0709-3
製造メーカーの表記
2012-0709-4
昭和52年製なんですね、今から25年前に製造された車両、おそらく早期に引退してしまったブルトレから譲渡されたのでしょうね。最後は乗降扉です、ステップが取り付けられていますが扉自体は折りたたみタイプがそのまま残って使用されてますね。でも誰がどうやって開けるのでしょうか?写真を見ると自動扉と書かれてますがおそらく手動開閉だと思います。タイだけに・・・
2012-0709-5

スポンサーサイト

category: 外国の鉄道

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 4   

コメント

まさかこんな色に変わっていたとは・・・
思い出深いこの客車がこんな色になっているというのは少しショックもありますが、現地では新しい部類の車両になりそうで、これからも長く活躍することでしょうね。
そう思えば、新しく塗装も塗り替えるほど大事に扱われているというのはありがたいことで、いつになるかわかりませんが、タイを訪問するときまで無事でいて欲しいなと思います。

R25 #- | URL | 2012/07/09 21:13 | edit

R25さま

寝台車は1等客車になるようで、タイ人でも裕福層しか払えないぐらいの金額だと思います。
そのままのカラーでいてくれれば懐かしさも増すでしょうが、私的にこのカラーは受け入れる
ことができましたよ。
でも隣国へ譲渡されたキハ181だけは、そのままの色でいてほしい気持ちです(笑)

beach wind 181 #- | URL | 2012/07/12 19:00 | edit

パープルトレインですね

タイへ寝台客車が譲渡されていた事を知りませんでした。
電源車が見当たらない?様なので14系なのでしょうか。
紫のスリートーンがステンレス帯と相まってなかなか
雰囲気の有るカラーリングですね。
車内も国鉄時代からそのまんま馴染みの有る内装で嬉しくなります。
厚化粧は隠せませんが1日でも長く活躍して欲しいと思います。

bigwest_1965 #- | URL | 2012/07/13 09:50 | edit

bigwest_1965さま

こんばんは。
これは14系なんですね?
外観は大きく変わりましたが、内装はほぼ日本のままのようです。
『クズもの入れは・・・』の表示が残されたままなのも嬉しいです。
ひとつ残念なことは塗装の変更により寝台車の☆マークが消えてしまっている
ことです。

beach wind 181 #- | URL | 2012/07/13 19:40 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bw181.blog.fc2.com/tb.php/48-a2e6a471
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

1クリックお願いします

カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

天気予報

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。