再び神鉄

梅雨の止み間で天気が回復した日曜日、先週に引き続きドライブがてら高砂、明石、須磨を通り長田から鈴蘭台のほうへ車を走らせました。道中、山陽電車のポイントを探しながらでしたがせっかく神戸まで来たので、神戸電鉄の撮影ポイントもチェックしようと思いました。
前回の記事へ頂いたコメントで急勾配、山岳路線であるとお聞きしましたので楽しみに鈴蘭台方面へ向かいました。長田から北方向へ向かうと道路も一気に登り始めます。神戸電鉄の路線もカーブが多く撮影できるポイントも多くありそうです。鈴蘭台までやって来ましたが、車を駐車できる場所が見つけられず、そのまま粟生線に沿って西の方へ移動しました。

途中の駅近くにある踏切から前回撮影したレトロな車両に会うことができました。でも、この車両は一番前にパンタが付いているため、いつもの感覚で構えているとファインダーから外れてしまいます。ズームを戻してなんとか撮ることができました。
20120619-1

さらに西方向へ移動すると、規模は小さいですが車両基地がありました。その近くの踏切からは複々線になっているので架線柱が邪魔することなく撮影できる場所がありました。ステンレスに赤色の塗装を施した車両、直ぐ様『これがウルトラマン』と気づきました。次回はスルット関西のフリー切符を使い、鈴蘭台近辺の急勾配なポイントを歩いて撮影に行こうと思います。
2012-0619-2
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

神戸電鉄沿線は狭い道が多く、駐車スペースはあまりありません。
撮影に行ったことは数えるほどですが、いつも電車で行ってました。
湊川を出て地上に出ると、急勾配を一気に駆け上がり、鵯越、菊水山(廃止)のあたりは大都市の近郊とは思えない佇まいでした。
電車で行くほうが山岳鉄道らしい雰囲気を満喫できるような気がします。

ウルトラマン、遭遇されたのですね。
1枚目の愛嬌のある顔立ちと比べると、どこかいかつく、他社の電車にもあまり似ていない不思議なデザインの車両です。
数はあまり多くないと思うので、撮影できたのはラッキーなんじゃないでしょうか。

R25 さま

こんにちは。
いつもコメント頂きありがとうございます。
次回は電車を利用し山岳鉄道を満喫したいと思います。
ウルトラマン数が少ないのですか?だとすれば撮影出来て
ほんとによかったです。

国鉄車両の引退が続き撮影対象に悩む前によい被写体を
見つけることが出来てよかったと思います。