国境の峠へと向かう播但鉄道

昨日からの冷え込みで京阪神でも雪が舞いました。正月休み最後の今日は朝から青空の広がる良い天気でした。『降雪後の青空』実は以前からこの条件に合った朝に撮りたい風景がありました。

本当はキハ181とこの風景を撮影したかったですが叶いませんでした。
雪化粧した山中を国境へ向かう1D
2012-0105-3
1D通過時は残念ながら雲がかかってしまいましたが、青空が出ていればこんな感じです。

銀馬車・鉱石ラッピング車
2012-0105-2

横向きで市川も入れて
2012-0105-1
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

これは見事ですね。
大阪でも小雪がちらつきましたが、播但線沿線ではこのようなことになっていたのですね。
キハ181の引退以来、播但線からは足が遠のいていますが、また花の咲く頃にでも訪ねてみたいものです。

播但線の雪景色

R25さん

肝心のはまかぜは山の上が切れてしまいました。
三脚があればしっかり構図を作れますが手持ち撮影のデメリットですね。
播但線は寺前あたりから雪景色を見ることができますが
太陽が上ると一気に溶け始めてしまいます。
この場所はもう少し山側にあることと、正面の山が北を向いていますので
オススメだと思います。
キハ181引退後は沿線もひっそりしていて、あまり撮影者を見かけることは
ありません。ゆっくり撮影出来ると思いますよ。

管理人さん、ブログ復活おめでとうございます!
是非とも、末長く続けられますことを!!
5日は凄い雪だったのですね。
4日午後からドカ雪でしたからね。
今シーズンはまだこのようなシーンに巡り合えないなぁ。
羨ましい!

ケン坊 さま

コメントありがとうございます。
馴れない雪道の中、苦労しましたが以前から撮りたかった
情景のため非常に満足しました。
2Dの着雪も狙っていたのですが、道中の渋滞で間に合いません
でした。次回の楽しみに取っておきたいと思います。