撮り鉄による東海道新幹線一時ストップのニュース

今日の昼休みにPCを見ているとYAHOOニュースで撮り鉄が原因とみられる東海道新幹線一時ストップの記事を目にしました。ここ数年、鉄道マニアによるトラブルが報道されるほどの社会問題になっていますね。私も鉄道写真を趣味としており、この手のニュースを聞くと同業者へのマナー違反に対する怒りもあれば、自分の行動をもう一度見直すきっかけにもなったり、いろいろと感じることはありますが正直ガッカリするのですが今日のトラブルに関しては、線路内へ入りこんでいたわけではなく脚立を使ってフェンス越しに撮影をしていたそうです。きっとご本人には悪意はなかったと思いますが脚立を使ってというところに配慮が欠けていたと個人的には考えますが、それよりも報道各社の表現の違いに驚きました。

毎日新聞 9時33分の記事 線路内に人が立ち入り一時運転見合わせ
読売新聞10時49分の記事 線路際に脚立で撮影する男性、新幹線ストップ
この見出しで感じ方が全く違います。その後、12時34分に毎日新聞は再度「線路際に男性 運転一時見合わせ」と誤報を訂正するかのような表現で第二報を出してきました。報道各社もいち早くスクープとして取り上げたいのでしょうが、もう少し正確な情報を流してほしいと感じました。

同業者の皆さん、マナーを守って気持ちよく撮影しましょうよ!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんは。

報道する側も同業者もどちらにも怒りと呆れの
両方の気持ちがでてしまいます。

僕は基本的に三脚や脚立は使用せず
手持ちで撮る人なのですが色々見直すのにも
いい機会だと思います。

burning s さま

こんばんは。

毎日新聞が最初に報道した『線路内に・・・』は結果的には誤報でしたが
それだけ最近の撮り鉄のマナーの悪さが目立ってきているということだと思います。
鉄道が好きな子供たちが大人になっても撮影できるように我々大人が見本を
示さないといけませんね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。