メークロン市場

日本のテレビでタイの鉄道珍風景としてよく取り上げられている市場の中を列車がスレスレで通過して行く風景、ご覧になったことはありますか?実際にスレスレで通過する迫力を体感してきました。バンコクから日帰りツアーでも人気のスポットで市場の中には買い物に来た人よりも観光客のほうが多いぐらいです。
たまごが先かニワトリが先かではないですが、当然鉄路のほうが先にできたところに、いつしか店を広げる人たちが集まってきたのでしょうか?でもちゃんとした市場なんです。1日に3便ほどしかやってこないので、当然ツアーも列車がやってくる時刻を狙って現地に到着するので観光客も混ざってにぎわいを見せています。線路ぎりぎりまで商品が並べられているのでレールがどこにあるのかよくわからないです。野菜や魚介類など豊富に食材が並べられています・
20151213-1

20151213-4

20151213-5

20151213-3

20151213-2

20151213-6

賑わいのある市場ですが、列車の到着が近づくと構内にアナウンスで知らせてくれます。
でも市場に人たちはお構いなしで商売を続けています。暫くすると列車の汽笛が鳴り響きました。すると知らん顔で商売を続けて居た人たちは一斉に線路脇に並べている商品を片付け始めます。片付けに要した時間は1分もありません。私はびっくりして開いた口がふさがりませんでした。
20151213-7

20151213-8

20151213-9

20151213-10
さあ、いよいよ列車が入線してきました。速度はゆっくりですがほんとうに体すれすれでスリル満点でした。
隣の市場のお兄さんは何事もない表情で列車が通過するのを見ています。
迫力が伝わるかどうか分かりませんが、その様子をご覧ください。
20151213-11

20151213-12

20151213-13

20151213-14

20151213-15

20151213-16
列車が通過し終わると市場はあっという間に元通りに戻りです。
20151213-18

20151213-17
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いやはや凄い光景で・・・

久しぶりの更新、お待ちしてました。
お元気そうで何よりです。

さて、市場の光景ですが日本ではまったく考えられないですね。
文化の違いの面白さを感じました。

それにしても立派な車体なのに線路のショボイ事・・・。
よく脱線しないものですね(笑)。

前記事のお写真と共に異国の様子を堪能させて頂きました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。