「はまかぜ」も撮りました

初撮りは381系のこうのとり号でしたが、
昼食後に播但線へ戻って定番のはまかぜを撮りました。

撮る順番はこうのとりが先でしたが、同じ日の撮影なので
こちらもある意味、初撮りになりますかね?

はまかぜの他にもキハ40系なども撮りながら、ゆっくり南下していこうと
考えてましたが昼食をとった某牛丼屋さんで予想以上に時間がかかってしまい
和田山から神河町まで大慌てで移動しました。
2013-0104-1
Nikon D300S+AF-S 70-200mm f2.8G VR II

なんとか間に合って、下りのはまかぜ3号を撮影できました。
年末年始は臨時はまかぜも運行されており、この日は山陰から大阪へUターン?
客を乗せたはまかぜ88号がそんなに待つことなく南下してくるので
同じ場所で撮ることにしました。
2013-0104-2
Nikon D300S+AF-S 70-200mm f2.8G VR II

こうのとりの撮影含め、この日はD300Sと70-200ニッパチだけを使いましたが
AF-Cの追従精度の良さを改めて感じることができました。
しかしながら、2ダイヤルの操作やAFボタンの操作は指がK-5Ⅱsの位置で
覚えているのか?何度もファインダーから目を外して確認する私でした。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

189系もすっかり定着しましたね

2カット共にドンピシャの素晴らしいカットです!
腕の不具合を微塵とも感じさせませんよ。
また多点AFのパイオニアだけあって古豪D300Sも
まだまだ現役で十分行けますね。
日中の撮影用にはまったく問題無さそうですね。

bigwest_1965 さま

こんばんは。
ほんと、ドンピシャですね(笑)D300Sなら難なく追従してくれるので
このようなシーンはとても撮りやすいです。
腕(肘)の不具合はだいぶ良くなりましたが、腕(テク)の不具合は
慢性化して治る気配がありません。(笑)
久しぶりに追従撮影とかすると、やはり後継機は出てほしいと思いますね。

ペンタにもニコンにも良さがありますね。
私もフィルム時代はキャノン、ニコン、ミノルタ、コンタックスといろんなマウントに手を出しましたが、結局無駄遣いしているだけでどれもレンズ中途半端になってしまうので、動体にも強くレンズもある程度揃えていたキャノン以外は処分しました。
操作方法もマチマチで、突然のシャッターチャンスに対応できないことも処分するきっかけになりました。
それなのに、今でも他社のカメラが出るたびに気になってしまいます。
機材より撮影にお金をかけなければと思うのですが、そのためには時間がもっともっと必要ですが、こちらはやりくりに限界があります。

ROUTE 25 さま

こんにちは。
久しぶりにニコンを使って撮影しピント精度や動体追従精度の良さを
再認識しました。ペンタは発色やカスタムイメージの豊富さ、そして
何より軽量であるのが魅力ですが、私の撮り方にも問題があるのでしょうが
同じ置きピンでもニコンのほうが精度が良いと感じています。