スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

2灯ヘッドのT18編成 

昼食の後、次なるポイントを探すことにしました。
午前中に撮影した国鉄色の北越は、逆アウトカーブで編成が最後まで
入らなかったので、直線区間で編成撮りすることにしました。
2014-0130-1
Nikon D300S+AF-S 70-200mm f2.8G VR II

目にするのは午前中と同じ681系や683系ばかりで、少々退屈してしまいます。
深紅の681系や国鉄色475系でも来てくれればと願ってましたがダメでした。
2014-0130-2
Nikon D300S+AF-S 70-200mm f2.8G VR II

2014-0130-5
PENTAX K-5Ⅱs+SMC DA70mm F2.4 Limited

時刻表を見ていると、狙いのT18国鉄色編成が通過しそうな時刻に金沢行きの北越が
通過することが分かりました。踏切脇で撮影していたこともあって、もし遮断機が下りて
両方向通過になると、T18編成が撮れなくなるので確実にと思い富山方のみに集中する
ようにしました。
2014-0130-3
Nikon D300S+AF-S 70-200mm f2.8G VR II

結局、先に通過したのは金沢行きの北越で後追い撮影になってしまいました。
そこから待つことなく、国鉄色2灯ヘッドライトの485系を撮影することが出来ました。
2014-0130-4
Nikon D300S+AF-S 70-200mm f2.8G VR II

天気があまり良くなかったことだけが心残りでしたが、これで撮影を終了し帰路につきました。
スポンサーサイト

category: 北陸本線

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 4   

485系「北越」を撮る! 

キハ181や485系の雷鳥が姿を消してからどれくらいの月日が経ったでしょうか?

それ以降、三セクの列車や地元のローカル線ばかり撮っていましたが
残存する485系の国鉄色をカメラに収めるため氷見線の後、北陸本線に
やってきました。

初めて来る場所で、十分なロケハンも出来ていないのでメジャーなポイントで
カメラを構えました。国鉄色の編成はどのスジに入るのかも情報音痴な僕には
全く分かりません。
2014-0128-1
Nikon D300S+AF-S 70-200mm f2.8G VR II

緩やかな弧を描くカーブでサンダーかしらさぎか?35mm換算の300mmで9両編成を
綺麗に収めることが出来ました。
さすがに特急街道といわれるぐらい、次から次へとやってきますが、その中に貨物列車も
やってきたりします。
2014-0128-2
Nikon D300S+AF-S 70-200mm f2.8G VR II

EF81ローピンの機関車も、鉄道ファンの間ではとても人気があるそうです。
寝台特急 日本海以来のパーイチ撮影でした。
この後、初めて見る北越急行所属の681系スノーラビットと呼ばれる特急「はくたか」を
撮ることが出来ました。(この時点で心はジーーンと・・・来て良かったという感じ)
2014-012-3
Nikon D300S+AF-S 70-200mm f2.8G VR II

初めて見たのもあるけれど、カラーが少し違うだけで、こんなにも見栄えが変わるのか!
と思います。(ちなみに比較の対象は↓↓↓コレ)
2014-0128-8
PENTAX K-5Ⅱs+SMC DA70mm F2.4 Limited

ちなみに、金沢と新潟を走る特急「北越」と新潟と酒田、秋田を走る特急「いなほ」の
一部に国鉄色の485系が残っています。
北越は北陸新幹線開業で、いなほは車両の置き換えで引退へのカウントダウンが
始まっているとのことです。
2014-0128-6
PENTAX K-5Ⅱs+SMC DA40mm F2.8 Limited

大きな目玉ヘッドライトの急行型車両も健在です。国鉄色の同車両もまだ走っているとの
ことなので、一度お目にかかりたいです。
2014-0128-5
Nikon D300S+AF-S 70-200mm f2.8G VR II

3両アンバランスな圧縮撮りをして気が付きました。
485系って6両編成なんですよね?冒頭に9両が綺麗に収まります・・と
書きましたが、6両を綺麗に収めるにはレンズが短すぎる・・・
仕方がないのでトリミングで整えることにします。
2014-0128-4
Nikon D300S+AF-S 70-200mm f2.8G VR II

この日、最初の485系は”R”編成と呼ばれるLEDヘッドマークの3000番台車でした。
しかし、LEDが消えていますね?走行中は消えているのが仕様なのでしょうか?
いろいろ小改良は加えられているのでしょうが、20年ほど前に雷鳥として大阪駅で
見たことのある車両でした。

2014-0128-7
Nikon D300S+AF-S 70-200mm f2.8G VR II

最後は本命の国鉄色です。
実はEF81通過の時ぐらいに、同業の方から今日、国鉄色が入ってますよ!と
教えてもらっていたので、慌てることはなかったですが、何年振りかに見る国鉄色と
ヘッドマークを撮影することが出来たので、やはり来て良かったと思いました。
しかし、金沢向きは四ツ目じゃなかったんですね・・・

ここで、昼食のため一旦撮影を中断しました。

category: 北陸本線

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 4   

雨晴海岸で氷見線を撮影 

立山の撮影を終えた後、氷見線の気動車を撮影しました。
僕自身、氷見線を撮影するのは初めてなのですが、晴れれば雄大な立山連峰と絡めた撮影も可能なようです。
2014-0126-11
PENTAX K-5Ⅱs+SMC DA40mm F2.8 Limited

それから氷見線の車両といえば「忍者ハットリ君」のラッピング車両ですね。
でも最初のカットは高岡色車両が先頭側でした。
遠くに見える山の景色は氷見方面の能登半島だと思います。

2014-0126-13
PENTAX K-5Ⅱs+SMC DA40mm F2.8 Limited

朝の通勤通学の時間帯とあって、そんなに待つことなく列車がやって来るので
快適な撮影が可能です。次は高岡方面からやってきた車両はハットリ君のラッピング車でした。
単にキャラクターが描かれているだけではなく、富山の観光地などの背景に
ラッピングされているので、とても綺麗だと感じました。

2014-0126-14
PENTAX K-5Ⅱs+SMC DA21mm F3.2 Limited

海は静かでしたが冬の雪国らしい空でしたので、広角レンズに付け替えて海と空を
大きく入れて撮影することにしました。
やってきたのは1枚目列車の折り返し車両ですね。同じくハットリ君の
ラッピングですが側面のデザインが少し違うようです。

2014-0126-15
PENTAX K-5Ⅱs+SMC DA21mm F3.2 Limited

紅い列車はハットリ君ではなく、ご当地キャラクターでしょうか?
砺波のチューリップのマスコットのように見えますね。
ちなみに右に写っている岩は、立山を撮影した時のシルエットになっている
岩と同じです。砂浜も少し見えていますが、ここへ下りても撮影
出来るようです。

沿線を散策することなく、同じポイントでの撮影で撤収しましたが
氷見線は雨晴海岸での立山連峰の撮影とセットになる良い撮影地でした。

2014-0126-12

category: その他の路線

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 2   

雨晴海岸で立山連峰の絶景を撮りたい 

金曜日は、冬の北陸でも好天に恵まれる予想が出ていました。
これ以上ない天気だったようで立山を絡めた
鉄道写真の有名スポットも人で一杯だったそうです。

前々から雪の立山連峰の写真を撮ってみたいと思っていた僕は
もうこの日しかない!と考え、当日休暇願も頭をよぎりましたが
辛抱して仕事に行きました。

昨日の土曜日は金曜日と異なり、曇りで夜から崩れる予報でしたが
前日の心の衝動を抑えることが出来ず、立山連峰眺望の名所

富山県の雨晴海岸へ向かいました。3000メートル級の立山連峰を
海越しに望むことが出来る世界的にも珍しいとのことです。
晴れた日の絶景はインターネット数多く紹介されていますが

人生初の自分の目で見る雨晴海岸からの立山連峰は・・・
2014-0125-1
Nikon D300S+AF-S 70-200mm f2.8G VR II

やはり、厚い雲に覆われていました。
でも、少しですが冠雪した山々と僅かにやまの稜線を望むことが
出来ました。周りは立山連峰からのご来光を撮影しようとする方々
多く見えられていました。
2014-0125-4
PENTAX K-5Ⅱs+SMC DA70mm F2.4 Limited

ペンタックスでも撮りました。ホワイトバランスをCTEモードにして
夜明けの状態を強調してみます。

太陽が上ると立山も見えなくなるので、地元の方が引き上げると同時に
僕も撤収することにしました。よくインターネットで見る順光で山が
浮いているように見える写真は、よほどの良い条件でない限り撮れないのでしょうね。

撮影した写真のホワイトバランスを触り、いろいろと調整してみました。

2014-0125-2
Nikon D300S+AF-S 70-200mm f2.8G VR II

初めての雨晴海岸から見る立山連峰の眺望は、微かに見えた・・との結果でした。
でも、天候条件が合えば素晴らしい絶景を望めるので、これだけでも十分に来る価値が
あるのでは?と思います。
2014-0125-3
Nikon D300S+AF-S 70-200mm f2.8G VR II

次回もし、冬の間に絶好条件になる天気予報になれば、ズルをしてでも
訪れたい!そんな魅力がこの場所にはある!と感じました。

さて、この後は忍ニン・・です。

category: 日記

thread: ある日の風景や景色  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 4   

播但線の冬景色 

こんにちは。
最近、仕事関係でいろいろ考えるところがあって、昨日外出した際に生まれて初めて
占い師さんに診てもらいました。その結果は・・・
今年の仕事運は最高に良いとのこと、自分のやりたいこと全て上手くいく!
とのこと、ほんまかいな?

この週末は寒波が日本上空に居座って各地で大雪となっているようですね。
僕の自宅でも屋根の上に1センチほど積もっていました。
雪が降ったとなれば、鉄道雪景色を撮らないわけにはいきません。

でも冬タイヤを持っていないので、あまり雪深いところには行けないので
近場でお手軽な播但線へ向かいました。
お手軽と言っても、雪国と変わらぬ風景となるので路面状態を気にしながらでしたが
撮影ポイントまで辿り着くことができました。
2014-0119-1
PENTAX K-5Ⅱs+SMC DA70mm F2.4 Limited

この場所で久しぶりに知人と会い、1Dはまかぜを一緒に撮影しましたが知人は
フィルムがもう無いとのことで今日は撤収されるとのこと、ここでお別れし僕は
昼飯を食べようと思い一旦下山することにしました。
2014-0119-2
PENTAX K-5Ⅱs+SMC DA21mm F3.2 Limited

昼食の後は、播但線ではよく撮影する川の中から雪化粧した山や木々を絡めて
単行列車を2本撮影してみました。長靴に履きかえて川の中へジャブジャブと
入って行きましたが、流石に冷たい!
2014-0119-4
PENTAX K-5Ⅱs+SMC DA40mm F2.8 Limited

川に張り出す松の木と、その下にある石とのバランスが良くお気に入りの風景なのですが
鉄道と絡めるとなると、構図決めがなかなか難しいです。
待っている間に一瞬だけ青空が出たのですが、鉄橋を渡る列車と青空を合わせて撮ることは
出来ませんでした。
(一瞬の輝きを収めるのはとても難しいです。ブログタイトルのプレッシャーが・・・)
2014-0119-5
PENTAX K-5Ⅱs+SMC DA40mm F2.8 Limited

次はレンズをDA70mmLimitedに付け替えて、同じ鉄橋を渡る列車を撮影してみました。
雪景色の場合は花や紅葉と違ってあまり圧縮効果による恩恵はないかな?と
感じましたが、40mmも70mmもどちらも良い景色だな?と思います。
2014-0119-6
PENTAX K-5Ⅱs+SMC DA70mm F2.4 Limited

僅か15分ほど川の中に居ただけですが、足が冷たくなってきたので川から上がり山を下りました。
途中で3Dはまかぜを撮影して帰宅しました。
2014-0119-7
PENTAX K-5Ⅱs+SMC DA21mm F3.2 Limited



category: 播但線

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 6   

「はまかぜ」も撮りました 

初撮りは381系のこうのとり号でしたが、
昼食後に播但線へ戻って定番のはまかぜを撮りました。

撮る順番はこうのとりが先でしたが、同じ日の撮影なので
こちらもある意味、初撮りになりますかね?

はまかぜの他にもキハ40系なども撮りながら、ゆっくり南下していこうと
考えてましたが昼食をとった某牛丼屋さんで予想以上に時間がかかってしまい
和田山から神河町まで大慌てで移動しました。
2013-0104-1
Nikon D300S+AF-S 70-200mm f2.8G VR II

なんとか間に合って、下りのはまかぜ3号を撮影できました。
年末年始は臨時はまかぜも運行されており、この日は山陰から大阪へUターン?
客を乗せたはまかぜ88号がそんなに待つことなく南下してくるので
同じ場所で撮ることにしました。
2013-0104-2
Nikon D300S+AF-S 70-200mm f2.8G VR II

こうのとりの撮影含め、この日はD300Sと70-200ニッパチだけを使いましたが
AF-Cの追従精度の良さを改めて感じることができました。
しかしながら、2ダイヤルの操作やAFボタンの操作は指がK-5Ⅱsの位置で
覚えているのか?何度もファインダーから目を外して確認する私でした。


category: 播但線

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 4   

2014年の初撮りは「こうのとり」 

新年明けましておめでとうございます。

年が明けて1月3日、今年初めての撮影に出かけました。
年々、正月らしさが感じなくなってきています。昔はどこも3ヶ日の間はお休みで
年末に買い込んだ食材やおやつ、飲み物などで家でゆっくり過ごしたものですが今では
元旦から営業する施設が大半を占め、家で家族で過ごすという文化は消えてゆくのでしょうね。

昨年、一昨年と初撮りは播但線でした。
今年もそのつもりでしたが、はまかぜ通過まで時間もたっぷりあったので和田山まで足を延ばし
特急こうのとりを撮影することにしました。
2014-0103-1
Nikon D300S+AF-S 70-200mm f2.8G VR II

年の初めに”こうのとり”なんとなく縁起が良いなと思いませんか?
もう子供は必要ないですが、何か縁起物を授かりたい・・・そんな気持ちでカメラを構えて撮りました。
2014-0103-2
Nikon D300S+AF-S 70-200mm f2.8G VR II

我が家のお正月は昨年までは、元旦の朝に家族そろってお節とお雑煮を食べ初詣に行くようにしていましたが
今年は子供たちは大晦日のアルバイトや夜更かしで元日は皆バラバラ、2日からアルバイトがあったので
家でゆっくりしたのは私だけでした。
2014-0103-3
Nikon D300S+AF-S 70-200mm f2.8G VR II

category: 山陰本線

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 6   

プロフィール

1クリックお願いします

カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

天気予報

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。