スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

網引駅の大銀杏 

先週の土曜日に3カ月振りに撮影したと言いましたが、勢いがついたのか?翌日の日曜日も撮影に出かけました。とりあえず近場なんですが北条鉄道の網引駅に行きました。夏にも訪れたことがありますが、この駅には大きなイチョウの木があり、全体が黄色に染まり紅葉真っ盛りでした。驚いたのはイチョウの木と北条鉄道を撮影される方が何と10名ぐらいいらっしゃいました。
2013-1129-1
PENTAX K-5Ⅱs+DA21mm F3.2 Limited

これも法華口駅のパン工房ボランティア駅長さんや女性運転士さんなど密かなブームになっていると思います。ちなみに、この日の午前中は女性運転士さんがピンクの列車を運転されていましたよ。2枚目は午後一に北条町からやってきた列車を撮影しましたが運転士さんも交代されてました。同時に10名くらい居た撮影者の方も私一人を残し、みなさん引き上げて行かれました。やっぱりブームや!
2013-1129-2
PENTAX K-5Ⅱs+DA70mm F2.4 Limited
スポンサーサイト

category: 北条鉄道

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 4   

鉄道史跡 姫路モノレール跡を歩く① 

現在、姫路駅北側は再開発が進められている。2008年に姫路駅高架が完成し、旧ホームや旧駅ビルの解体工事が進み今年の3月に新しい駅ビルが完成している。現在はバス乗り場の整備や道路の再構築工事が行われている。写真は姫路駅西側から撮影したもので新しい駅ビルの姿や工事の状況がお分かり頂けると思う。
2013-1124-1

再開発が進む駅前からひとつ路地を入ると、昭和の雰囲気が残る建物が残っており、くすんだ壁や錆びたシャッターなど時代を感じる風景を目にすることが出来る。上を見上げれば、大きなコンクリートの橋脚が所々に残っている。これが1966年から1974年まで運行されていた姫路市営モノレールの橋脚跡である。
2013-1124-2

姫路駅から南西に約1.5kmのところにある手柄山で当時開催された姫路大博覧会の輸送機関として建設され、これ以外にも市内循環路線や鳥取まで結ぶ壮大な計画が進められていたというが、姫路博終了後は乗客も激減し僅か8年の短命路線となってしまった。当時の金額で10億を超える負債であったため、撤去工事も満足に行えず現在でも橋脚のみが残されている。
2013-1124-3

私は、このモノレール跡を手柄山まで歩いてみた。300メートルぐらいあっただろうか?昔は商店街だったのか1階にはほとんどシャッターが備えられている建物が並ぶ。下の写真の建物からは軌道らしきレールが残ったままになっている。そしてコンクリートの橋脚は建物の中から建っているのだが店舗や住居の中がどのようになっているのか興味が湧いてくる。
2013-1124-4

商店街の路地とは反対側の大きな通りからもこの軌道を見ることが出きる。姫路駅を出発し緩やかなカーブを描きながら直線部分は高低差がある軌道跡であるが、建物の頭上を通しているのだから同じ高さのままでも良かったのではないかとの疑問が湧いてくる。もしかすると、この行く手にある大きな建物との高さを合わせるためだったのかとも想像できる。
2013-1124-5

巨大なマンションの中央部が大きな吹き抜けとなっており、その中に軌道が敷かれている。この吹き抜けのところは大将軍駅というモノレールの中間駅であった。将軍という名前はその昔、地名として存在していたと聞いたことがある。近くには大将軍という名の神社や地上を走る線路の高架橋の名も将軍橋という名前であった。博覧会への乗客輸送を目的に建設された路線であるのに、このような所に駅を設けた理由は全くもって分からない。
2013-1124-6

category: その他の鉄道

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 2   

3ヶ月振りの撮影です 

自分のブログをさかのぼって見ていると、鉄道写真は8月以降1枚も撮っていないことに気づきました。先日アップしたミラーレスカメラを購入したい件で最近はカメラ店や家電量販店またカメラ雑誌の立ち読みで本屋さんへもちょこちょこ出かけているのですが、たまたま読んだ鉄道ダイヤ情報の臨時列車の欄に117系京都車が今日運行されることが載ってましたので、3ヶ月振りとなる鉄道写真の撮影をしてきました。
2013-1123-1
Nikon D300S+AF-S 70-200mm f2.8G VR II

今日は、いつも使っているPENTAXのK-5Ⅱsはお休みさせNikonのD300Sを持ち出しました。ペンタでは、ほとんど置きピンで撮影するのですがD300Sの機動力を活かし3DトラッキングAFで撮影を試みました。最近の新しい機種は測光センサの数も大幅に増えているので被写体への追従精度も向上していると聞きますが、一世代前の我が相棒もなかなか良い追従をしてくれました。
2013-1123-2
Nikon D300S+AF-S 70-200mm f2.8G VR II

普段は原色117系を播州地方では見ることが出来ませんが団体臨時列車として時々運行されているそうです。正面から撮影後、後追いでも撮影しましたが太陽の光がギラリと当たり白く飛んでしまいました。K-5Ⅱsで撮影していればカスタムイメージ銀残しで編集すると味のある画に仕上がったかもしれません。
2013-1123-3
Nikon D300S+AF-S 70-200mm f2.8G VR II

来週は秋田から原色の583系が京都までやってくるそうです。休暇をとって撮影に行くのを目論んでいます。

category: 山陽本線

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 0   

ミラーレス一眼選び 

とある理由でミラーレス一眼を購入しようと考えています。
軽量コンパクトで普段の持ち歩きに苦にならなくて綺麗に写るもの(当たり前か)それにホールド性の良いものが希望です。街並みや日常生活など、もちろん鉄道も・・・大切な記録として残していきたいと考えています。

候補に上がったのは以下の5機種です。
Nikon1V2 (Nikon)
NEX-6   (SONY)
LUMIX GX7 (Panasonic)
PEN-P5   (OLYMPUS)
X-M1    (FUJIFILM)
それぞれセンサーサイズも違うので、どれが良い、悪いは判断できませんが、ホールド性の良いNikon1V2かNEX-6がいいなぁと思っています。PENTAXのカメラを持ってからは発色が鮮やかなものを好むようになったので、この中でいくとX-M1なんでしょうが、持った時にしっくりこないのがマイナスです。OLYMPUSは過去にも使用したことがないのでよくわかりませんが発色は鮮やかなほうなのでしょうか?

今所有しているPENTAX K-5Ⅱsは手元に残そうと思っているので、レンズを含めて一番コンパクトなNikon1V2が
最有力候補ですがNEXの高感度にも惹かれます。液晶ファインダーがあるこの2機種プラス未知のPENあたりで三つ巴になっています。

2013-1117-1

2013-1117-2

2013-1117-3

category: カメラ

TB: 0    CM: 4   

東京スカイツリー大俯瞰(なんちゃって) 

久々の更新です。鉄道写真を待っていると何時になることやら・・・です。
先週末より所用で埼玉のほうへ出かけておりました。昨日は東京スカイツリーに連れて行っていただき地上350mと450mもある展望台から東京の街を見下ろしました。
2013-1110-1

何枚か撮っていたら、たまたま電車が写っていたので、この写真は鉄道俯瞰としておきましょう!
2013-1110-3
さらに地上450m特別展望台からの展望です。
2013-1110-4

category: 日記

TB: 0    CM: 5   

プロフィール

1クリックお願いします

カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

天気予報

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。