スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

水車の郷 

寺前駅の1つ姫路寄りに新野という駅があります。ここは電化区間なので、あまり撮らない場所ですが、はまかぜ撮影の合間に足を運んでみました。新野駅を出ると「水車の郷」と書かれてある看板や幟が目に入ります。
2013-0501-3
PENTAX K-5Ⅱs+smc DA40mm F2.8 Limited

そして田んぼに目を向けると、あちらこちらで水車が回っている光景が目に入ってきます。田植えのシーズンが始まり稼働している水車を撮影してみたのでご紹介したいと思います。
2013-0501-7
PENTAX K-5Ⅱs+smc DA40mm F2.8 Limited

水車に近づくとギシギシと音をたてながら回転していました。隅々まで見たわけではないのですが回転する主軸の部分は軸受けなどは使ってなく、昔ながらの作りでることに驚きました。
2013-0501-4
PENTAX K-5Ⅱs+smc DA70mm F2.4 Limited

水路から水をくみ上げては落としていく様を見ていると、昔の人は良く考えたものだなと感心します。仕事柄、機会のからくりとかに興味があり、FA化が進む中でも、このような昔からの知恵を現代の仕事においても活かしていかなければと感じます。
2013-0501-5
PENTAX K-5Ⅱs+smc DA70mm F2.4 Limited

しかしながら普段鉄道しか撮らないため、このような被写体をどう撮って良いのか?さっぱり見当も付ません。
三脚がればシャッタースピードを落とし、水の流れと水車の動きなど表現できるのでしょうが、生憎手持ちなので水の流れを止めて撮影するくらいしか思いつきませんでした。

2013-0501-6
PENTAX K-5Ⅱs+smc DA40mm F2.8 Limited

ボケを活かした写真も、どっちをボカせば画になるか?よくわからないので、とりあえず2種類撮って良いなと思ったほうを掲載しています。

鉄道撮影の合間に水車に癒され時間を忘れて夢中に撮影しておりました。
スポンサーサイト

category: 播但線

thread: ある日の風景や景色  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 3   

和歌山電鐡 貴志川線 

5/2の日、友人からの誘いで「タマ駅長」で有名な和歌山電鐡へ行ってきました。姫路から新快速、紀州路快速を乗り継ぎ、和歌山駅で貴志川線に乗り換えします。貴志川線のホームへは猫の足跡を象ったペイントが描かれていて、その足跡を辿っていけば貴志川線のホームへとたどり着くことが出来ます。
2013-0502-1
ホームへ上がると可愛らしいいちごのイラストがラッピングされた電車が止まっていました。この電車に乗ってタマ駅長がいる貴志駅へ向かいます。列車の内装も凝っていて、シートもいちご柄でした。
2013-0502-2
30分ほど電車に揺られながら終点の貴志駅に到着しましたが、駅のホームではたくさんのお客さんがいちご電車の撮影をされていました。駅の待合所の中にたま駅長はいましたが、眠いのか機嫌が悪いのか背中を向けて寝ていました。
2013-0502-3
その後は友人に案内してもらい大きな池のなかを渡る鉄橋や桜の木が多数ある公園内で貴志川線の車両を撮影しました。この貴志川線はもともと南海電車の支線だったようで一般の車両は南海色ですが、いちごのラッピング車のほかに、車内におもちゃが展示されてあるおもちゃ電車や名物駅長タマを描いたタマ電車があるようですが、この日は残念ながらいちご電車以外のラッピング車は目にすることはできませんでした。
2013-0502-4

2013-0502-5
午後からの撮影で風もあり水面が波打っていましたが緑の中いあるためか水面が濃いので朝の風が少ない時などは綺麗な水鏡が望めそうですね。
2013-0502-6
ここは遊具は少ししかありませんが、池の中をボートで遊覧したり桜の木が多くあるので花見の時期などに家族連れやグループでバーベキューなども楽しめそうです。
あっという間の1日でしたが、はじめての和歌山電鐡を楽しく撮影することができました。最近は第三セクターなどの少し古びた車両の撮影にも興味を持っているので、また訪れたいと思いました。
2013-0502-7

category: 未分類

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 1   

特急はまかぜのHMを激写する? 

先日の記事で「はまかぜ」に竹田城址のヘッドマークが掲示されていることを書きましたが、そのヘッドマークを大きく写したいと思い、またまた播但線へ出かけてきました。
天気予報通り山間部は雲が多く、時折小雨のパラツク天気でしたが久々の出動となるD300Sと70-200f2.8VRⅡで車両を大きく撮影してみました。
2013-0501-1
Nikon D300S+AF-S 70-200mm f2.8G VR II

ここ数カ月は編成写真から遠ざかっていたのでうまく写せるか?不安で、車両の下が切れないように車体の軌跡を想像しながらの撮影でしたがなんとかうまく撮ることができました。
この1枚で満足できましたが、さらに欲が出て約3時間後にやってくる列車も撮影することにしました。次に備えて場所を変えましたが線路近くで工事か野焼き?かで白煙が濛々と舞い上がっていましたが、煙の中から飛び出してくるはまかぜもよかろうと思い、そのままこの場所で撮影することにしました。
2013-0501-2
Nikon D300S+AF-S 70-200mm f2.8G VR II

2枚目はAFロックするタイミングが遅れミスったかも?と思いましたが、こちらも満足する出来となりました。
久しぶりのD300SでしたがAFの食いつきは素晴らしいと改めて実感しました。

追伸
K-5ⅡsとD300SのAFですが、置きピン、追従ともにK-5Ⅱsのほうが甘い感じです。レンズごとにピントチェックをしていないので何とも言えませんが、時々置きピンの場所を間違えたか?と思うくらいピンズレすることがあるので、一度チェックしてみたいと思います。

category: 播但線

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 2   

プロフィール

1クリックお願いします

カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

天気予報

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。