スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

1年間ありがとうございました。 

今年も残すところ3日となりました。今年を振り返れば1年のうちの3分の1を海外で過ごしておりました。つい先日も海外出張から帰ってきたばかりで、このペースは来年も続きそうです。年明け仕事始めより再びタイへ行ってきます。今度は少し長くなりそうです。

今年1年、このBLOGをご覧いただいた皆様、ほんとうにありがとうございました。
来年はもう少し味のある写真を撮影していけるよう努力したいと思いますので引き続き応援のほど、よろしくお願いいたします。今年新しく仲間に加わったペンタックスK-5Ⅱsとの2台体制で(もしかしたらもう1台増えるかも・・・内緒)撮影も楽しんでいければと思います。
今年最後の記事はマイブームであるK-5Ⅱsで撮影した北近畿タンゴ鉄道で締めくくりたいと思います。
それではみなさま良いお年をお迎えください。
2012-1215-5
PENTAX K-5Ⅱs+SMC DA★16-50 f2.8 SDM  WB CTE
まだ午後3時を過ぎたぐらいの時間でしたが日も陰り始め、夕暮れ近くの雰囲気にしてみようとWBをCTEに変更してみました。この列車と丹後由良駅で交換するエクスプローラを真横から撮影、乗客は少なそうでしたがアテンダントさんがマイクを持ってガイドをしているところも綺麗に映ってくれました。次回はぜひとも乗車してアテンダントさんのアナウンスを聞きながらひと時の旅気分も味わってみたいです。
2012-1215-6
PENTAX K-5Ⅱs+SMC DA★16-50 f2.8 SDM  WB CTE
ゆっくりとした速度で鉄橋を渡るエクスプローラーは徐々に姿を小さくし消えていきました。
2012-1215-7
スポンサーサイト

category: 北近畿タンゴ鉄道

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 6   

ゆっくりと 

重厚なディーゼルエンジン音が聞こえ始め、やがて姿を現すタンゴ・エクスプローラー。大鉄橋へ向かう築堤は周りに遮るものはなく、その勇姿を見渡すことが出来ます。同じ場所で何回撮影しても飽きることのない情景だと思っています。
2012-1215-1
Nikon D300S+AF-S NIKKOR 70-200 f2.8G VR II

まるで撮影している私を待ってくれているかのようなゆっくりとした速度で鉄橋へ向かいます。築堤の写真を撮影後、小走りでカメラを抱えてぬかるんだ場所を転ばないように注意しながら鉄橋を渡っていくエクスプローラーを撮影しました。僅かに残る紅葉に西日が当たりスポットライトのように照らしてくれました。
2012-1215-3
Nikon D300S+AF-S NIKKOR 70-200 f2.8G VR II

category: 北近畿タンゴ鉄道

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 0   

がんばれ★ 

PENTAX SMC DA★16-50 f2.8 SDM スターレンズと呼ばれるペンタックス社のハイエンドレンズ、某専門量販店で状態Aの中古品を購入したが、ペンタユーザーや価格.comの口コミを読むと、かなりじゃじゃ馬なレンズのようです。購入後、200枚ぐらいは撮影したでしょうか?どうやら私のレンズもじゃじゃ馬のようです。
2012-1216-2
PENTAX K-5Ⅱs+SMC DA★16-50 f2.8 SDM

山陰線の和知というところの国道沿いから遠くにトラス橋を望むことができます。先ほどまで霧に覆われていた空も青空が見えるようになってきました。後ろの山肌には先日の雪も残っており濃緑の由良川と赤いトラス橋を渡る特急列車を撮影しました。全景を写したり空を入れたり外したり、そうやっているうちにD300Sと撮り比べてみようと思いました。
2012-1216-3
PENTAX K-5Ⅱs+SMC DA★16-50 f2.8 SDM

画角が全く違うので比較はできませんが、やっぱり”ナノクリ”って凄いなぁ・・と感じる結果となりました。DA★16-50も嵌れば恐ろしいくらいの解像感!とも言われていますが圧倒的に差がでた結果になりました。その後、私のDA★16-50は片ボケ症状がみられるため、メーカー点検に出しました。完全に治るのは期待していませんが、恐ろしいくらいの解像感も体感できそうにありません。
2012-1216-1
Nikon D300S+AF-S NIKKOR 70-200 f2.8G VR II

category: 山陰本線

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 2   

でた!ペンタブルー 

インターネットで「ペンタックスブルー」とか「ペンタブルー」というキーワードで検索すると必ずヒットするペンタックスのカメラ特有の濃い青色の空などを呼ぶらしい。当然、光線状態や角度によっていつもいつも空の色が青くなるわけではなく、カメラ側の露出やホワイトバランスの設定によっても大きく変わってくると思います。
2012-1214-1
PENTAX K-5Ⅱs+SMC DA★16-50 f2.8 SDM

何気なく撮影した写真を液晶モニタで観察して顔が綻んでしまう。PLフィルターを使わなくても青い透明感のある空、これぞペンタックスブルーという写真を撮ることが出来たと自己満足しています。この由良川大鉄橋に来ると毎回毎回同じようなアングルで撮影するので飽きが来る方もいらっしゃるでしょうが、ここの景色が大好きなんです。
2012-1214-2
PENTAX K-5Ⅱs+SMC DA★16-50 f2.8 SDM

それと鉄橋を渡る列車を撮影後、再度ズーム調整をしながら列車を追いかけていくとどうしても真横からの写真になってしまいます。反射神経が俊敏な人だったら、もっと素早くいろいろな画角で楽しめるのでしょうが、私にはこれが精いっぱいのスピードです。背景が空、海、川などであれば、気になるレンズの癖も目立たなくなります。
2012-1214-3
PENTAX K-5Ⅱs+SMC DA★16-50 f2.8 SDM

category: 北近畿タンゴ鉄道

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 0   

霧深い京丹波の朝 

また出張で暫く撮影が出来なくなるので、お休みをいただいてプチ遠征に行ってきました。場所は京都府山陰本線の和知というところです。綾部から京都寄りで由良川に沿って走っている区間ですが、行ってみてビックリ!道路や線路は村の集落よりもうんと高いところにあって、高架鉄道か?と思うような場所でした。

初めて来る場所なのと霧で川の向こう岸や周りの景色が見えなくて調べてきた撮影場所を探すのにも苦労しましたが由良川にかかるたか~い鉄橋をわたる特急列車を撮影してみました。フレームに建物が入らないので川霧が良い雰囲気だったんですが、やってきた列車も白色で背景と同化してしまいましたね。
2012-1213-5
PENTAX K-5Ⅱs+SMC DA★16-50 f2.8 SDM

先ほどは遠目からの撮影でしたが同じ橋の袂までやってきて、見上げるような感じでカメラを構えました。今度は381系国鉄色だったので同化することなく山にも霧にも映える列車の写真が撮れたと思います。鉄橋の奥のほう、肉眼では川面から湧く霧が見えていたのですが、感度を上げていたのもあって潰れてしまいましたね。
2012-1213-6
PENTAX K-5Ⅱs+SMC DA★16-50 f2.8 SDM

この日は2台体制で出かけましたので望遠ズームでトラス橋を渡る183系を後追いで撮影しました。やっぱり”N”の称号がつくレンズは良く映ります。頑張れDA★と発破をかけたくなりますが、気になるところがチラホラ見えるようになってきました。
2012-1213-4
NikonD300S+AF-S NIKKOR 70-200 f2.8G VR II

category: 山陰本線

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 0   

つかの間の陽気の中 

播但線の続きです。寒かった山を下りると綺麗な青空が広がっていました。外に出ると風が冷たいですが、車の中で待機しているとポカポカと心地よく眠気が出てくるほどの陽気でした。ペンタ機は主に風景写真に使おうと思って購入したので、順光時は広角に引いて積極的に空を入れて撮影しようと思っています。
2012-1213-1
PENTAX K-5Ⅱs+SMC DA★16-50 f2.8 SDM

鉄道風景写真と言っても、ここまで車両が小さくなると鉄道写真なのか風景写真にたまたま鉄道が写っているだけなのか?よくわからなくなってしまいますね。一応、下手くそなりにもコンセプトというものがあって、車両を大きく撮っても小さくしても主役は列車ですが、この写真はパッっと見て列車の存在がないように思いますね。
2012-1213-2
PENTAX K-5Ⅱs+SMC DA★16-50 f2.8 SDM

次は車両の編成と風景を融合させた(難しそうな言い方をしますね(笑)写真を撮ろうと思いましたがはまかぜ3号の通過時刻を間違えて、踏切待ちで急いで撮影したのが下の写真ですが、まあ、たまにはガードレールもご一緒に・・・ご愛嬌ということで次回も勉強しながら撮影したいと思います。
2012-1213-3
PENTAX K-5Ⅱs+SMC DA★16-50 f2.8 SDM

category: 播但線

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 0   

冬の到来 

昨晩の天気予報では兵庫県北部地方に雪のマークが出ていましたので、播但国境の山肌に着雪していることを期待して出向きましたが、残念ながら雪はなし。しかし気温も低く風は凍るような冷たさで時折雪がちらつく中で撮影していると、この地にもいよいよ冬がやってくると感じる天気でした。
2012-1209-1
PENTAX K-5Ⅱs+SMC DA★16-50 f2.8 SDM 

11月の終わりごろに来た時から2週間、杉の木の緑は温かさを感じるものの、葉が枯れ落ちた木々を見ると。いよいよ冬がやってきたなと思います。そんな山深い峠ではまかぜを狙うことにしました。通過時間になって線路がカタンと音がし始め、エンジン音が聞こえてきたので林の中からやってくるはまかぜを待ちましたが、エンジン音は背後からで単行列車が下って行きました。
2012-1209-2
PENTAX K-5Ⅱs+SMC DA★16-50 f2.8 SDM

この日は東海道線内での人身事故の影響で列車に遅れが出ていたようで、定刻から約40分遅れではまかぜが通過していきました。あとでJR西のサイトを見ると、はまかぜ1号香住-浜坂間で運転取りやめ、そして同列車が折り返す4号も香住発に変更になっていました。行きの取りやめは香住から浜坂まで普通列車で行けばいいですが、帰りは?特に浜坂から乗車予定の人が何も知らずに駅にやってきても大阪方面に向かう列車はないのでどうアナウンスするのあろうと疑問に思いました。
2012-1209-3
PENTAX K-5Ⅱs+SMC DA★16-50 f2.8 SDM

category: 播但線

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 1   

冬空にPENTAX BLUEを 

寒い週末でしたが天気の大きな崩れはなく、昨日も今日も近場でK-5Ⅱsを持って撮影しておりました。いろいろと試し、撮った画像をモニタで見て設定は撮影モードTAv、カスタムイメージ鮮やか、コントラスト+2、エクストラシャープネス+1としてみました。また、露出が高めに出るので同モードで露出補正で調整という感じでしばらく使ってみようと思います。それとリバーサルフィルムもです。
2012-1208-1
冬の空は春や秋と違って薄めの水色に感じ、D300Sではグレーかかった色に仕上がることが多かったですが、K-5Ⅱsでは綺麗な青空を写すことが出来ています。自宅近くの河川敷で鉄橋を渡る列車をカスタムイメージ「リバーサルフィルム」で撮影してみましたが、空と川のコントラストが綺麗に表現されたという印象です。
2012-1208-2
次はカスタムイメージ「鮮やか」で上記の設定で撮影してみました。D300Sの設定もコントラストをプラスしているのですが調整幅は6段階、K-5Ⅱsは8段階あります。D300Sは+1すれば十分で(微妙なRAW調整は現像で可能)K-5Ⅱsでは+2でもD300Sの+1よりコントラストが低いです。まあ、この辺りは機差と自分の好みに関係してくるところなので、RAW+を併用しながら好みな画に仕上げていこうと思います。

category: 姫新線

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 0   

名物うどんと北条鉄道 

丹波を後にして国道372号線を通り帰る途中に加西で昼食に讃岐うどんを食べました。店名はがいなうどんといってこの辺りでは有名なうどん屋さんです。いつもかけうどんに天ぷらを出汁に染み込ませていただくか、釜玉うどんにするか迷うのですが、この日は久しぶりに訪れたので讃岐らしく釜玉うどんを注文しました。
うどんを頂いた後、そのまま帰るのもなんだと思い、北条鉄道を少しだけ撮影しました。前回撮影した時は紫色のフラワー2号という車両でしたが、この日は緑色のフラワー3号でした。
2012-1207-2
小さな山裾に線路を挟むように松の木が1本立っていましたが、かわいいトンネルのように見えてカメラを構えてみましたが正面からのほうが、それらしく見えるか悩みながら撮りましたが難しいですね。すぐに北条町から折り返すため、逆方向から紅葉の山を絡めてもう1枚撮影してみました。地面の草の色が流石ペンタックスといった感じです。この後、雨がポツリポツリと降り出したので帰宅することにしました。
2012-1207-3
最後に昼食でいただいた加西がいなうどんの釜玉(大)とかしわ天です。このかしわはむちゃくちゃ大きく揚げたてで最高でした。(携帯にて撮影)
2012-1207-1

category: 北条鉄道

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 2   

川代にて試写 

前記事の撮影後、おなじみの川代渓谷の定番ポイントで撮影をしました。今度はカスタムイメージを鮮やかからリバーサルフィルムに変えてみました。こちらのほうがコントラストが高く自分好みな画になった印象です。しかしながら、ノイズリダクションOFFでは結構ザラツキが目立ちます。1枚目の写真でISO800ですが思っていたよりノイズが目立つ印象です。
2012-1204-1
続いては鉄橋を渡る287系を撮影しました。真横からの撮影のためSSを1/1000まで上げ、絞りは開放で撮影しました。ピントは鉄橋に書かれている文字に合わせましたが、ピントが来ているような来ていないような???今度の休みにでも、家の庭で三脚使って確認しようと思います。福知山線はこれにて引き上げました。
2012-1204-2

category: 福知山線

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 6   

実戦投入「K」 

昨日、新しい相棒がやってきました。PENTAX K-5Ⅱs
夜のうちに充電を済ませ、取説もしっかり読まないまま、いきなり実戦投入してきました。今日は設定は触らずデフォルトのままJpeg撮って出しで撮影してみました。撮影モードはTAvモード(設定したシャッタースピードと絞りになるよう感度設定をカメラ側で行うモード)に固定し、カスタムイメージは標準設定の鮮やかモードで福知山線こうのとりを撮影してみました。Nikon機ではできるだけ感度を上げずにSSと絞り設定で列車通過の直前までゴソゴソやることがありますが、高感度のよい機種とNikonにはないモードなのでおまかせISOは結構使いやすいと感じました。
2012-1202-1
曇天の朝ということもあり、感度ISO1600~2500とかなり上がってしまっていました。液晶モニタでの再生画像はコッテリ塗り絵系の画像が映し出されますが、実際には少しあっさりした印象を受ける画がでてきました。高ISOのため背景などはザラツキが大きいので、このカメラの特徴である解像感については今日の撮影でははっきりとは分かりませんでした。
2012-1202-2
レンズは中古でsmc PENTAX-DA★ 16-50mm F2.8ED AL SDMを本体と合わせて購入しましたが、ややソフトな写りをする印象ですが、本体側のシャープネス設定も標準のままだったので、天気の良い日に絞り込んでどこまでシャープさがでるか確認してみたいと思います。
2012-1202-3
今日の撮影した画像からの印象は、好みの部分になると思いますが露出がやや明るめ?画質はソフトであっさりとした感じだったので、カスタムイメージの設定を調節してみようと思います。
2012-1202-4

category: 福知山線

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 6   

181を思い出す 

中途半端な出来ですが、189の排煙を捕らえました。
逆光で排煙が浮かび上がる様を見て181を思い出しました。
2012-1201-1

爆煙とまではいきませんが、ディーゼル車らしい情景がが撮れたと思います。
2012-1201-2

category: 播但線

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 2   

プロフィール

1クリックお願いします

カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

天気予報

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。