スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

今度はいつ? 

って?タイガールに問い詰められているわけではありません(爆)
このつぎ丹後に行けるのはいつかな?と考えております。沿線に紅葉はあったかな?ススキは?雪の降る時期までお預けかな?去年タイミングを逃した高山線を先に?などと考えながらブログ書いてます。
2012-1030-1
初めて訪れるポイントはどうしても参考にした作例を真似てしまいがちになりますので、2回、3回と自分の足で稼がないといけないなぁと感じます。上の写真は逆光のなか駅へ向かう単行列車をAF-S DX 16-85mm Gというレンズで約80mmの中望遠域で撮影しましたが、なかなか良く取れたのではないかな?と思います。普段はこのレンズでは16-35mm域しか使わないので新しい収穫でした。
2012-1030-2
今度は順光でススキと単行を撮りましたが、ススキはやはり逆光でとるのが良いですね。この2枚は朝の由良川撮影の後、ぶらぶらしながら撮ったものですが、いつも初めての場所となると列車を写すことで頭がいっぱいになって周りが見えなくなる悪いクセいや、精神的余裕がない・・のほうが正解でしょう。
なので合間合間で丹後の風景を少しだけですが列車と絡めて撮影もできました。綺麗な日本海とタンゴ鉄道・・列車のブルーはこの海の色をイメージしているんでしょうね?
2012-1030-4
うちの地元のほうでは黒い瓦はめずらしくカニを食べに行ったりスキーに行ったりすると黒い瓦屋根の家を多く見ますので、それだけでも日本海側にやってきたんだと感じられます。やっぱり11月中にはもう一度行きたいなぁと思いながら丹後遠征の記事はこれで終わりにしたいと思います。
2012-1030-3

スポンサーサイト

category: 北近畿タンゴ鉄道

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 0   

宇宙戦艦タンゴ 

今朝はすごい雨でしたね。地面を叩く雨音で目が覚めました。でも朝食を食べた後は昼まで2度寝をしてしまいました。というわけで、今日は撮影にはいかずにホームページでも作ってみようか?と思いながらPCをごそごそ触っていましたが、気力が続かずに途中でほったらかし状態になってしまいました。

今日は先日からの続きになりますが、運よく宇宙戦艦ヤマトのラッピング車に出会うことが出来たのでご紹介したいと思います。先のEXPが通過する前に西舞鶴方面から由良川を渡ってきた普通列車にヤマトのラッピングが施されていました。
2012-1028-1

太陽は西側に回り、順光で狙える良い条件の中、普段はほとんど使わないC-PLフィルターを装着して撮影しました。購入してから3年になるこのC-PLですが、今回初めて偏光効果の恩恵を受けた感じがします。川面のギラギラもなく青空が濃く自己満足しています。

それにしても宇宙戦艦ヤマトの続編シリーズですが、劇場版でも私の記憶にある限り2回ほど爆発してしまい完結しているはずですが、また復活してくるところは納得がいかんですね。でも、ヤマト世代の私にとってスクリーンに戻ってきたことは喜ばしく思います。
2012-1028-2

category: 北近畿タンゴ鉄道

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 2   

ひと息 

今日は朝イチ三宮での用事を済ませた後、ゆっくりと山陽電車で帰ってきました。途中、滝の茶屋という駅で途中下車し明石海峡を眺めながらホームの下を走るJR神戸線を走る貨物列車をコンデジで撮影してみました。
2012-1027-1

夏に痛めた左肘の痛みが完全に治らずメイン機を持つと痛みがあるのでしばらくはおとなしくしておいたほうがよいかも? 駅のホームには地元の中学生が描いた山陽電車と沿線の大きな絵が飾ってありました。かわいいですねぇ~
2012-1027-2

category: 山陽本線

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 0   

由良川を渡るEXP 

やっとのことで由良川を渡るエクスプローラを撮影することが出来ました。

重厚なエンジン音で鉄橋を渡る様は圧巻でした。

2012-1025-1

今日は言葉は少なめに写真で楽しんでいただければと思います。

2012-1025-2

ファインダーの中からも、ほぼ満席のお客さんの姿を確認することができました。

ゆっくりと鉄橋を渡り、森の中へ姿を消していきました。
2012-1025-3

category: 北近畿タンゴ鉄道

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 2   

早朝の由良川橋梁 

1年ぶりに北近畿タンゴ鉄道の由良川橋梁へやってきました。しかも今回は気合を入れて自宅を午前4時に出発し、早朝の由良川橋梁にて撮影を行いました。

行く道中は濃い霧で、もしかすると向こう岸が見えない霧の中の写真が撮れるかもしれない?と期待しましたが、河口は風が強くて川面からの水蒸気は風で流されてしまってました。

西舞鶴発の1番列車は、ディスカバリー車が充当されていました。豊岡まで普通列車で運用された後、特急はしだてとなって京都へ向かいますが、特急車両に普通運賃で乗車できるので、お得な気分になりますね。川岸に停泊している漁船とともに、本日の1枚目の撮影を行いました。
2012-1021-1

こんなに朝早くやってきたのは、ちょっと理由がありましてね、昨年の記事(記事は消失)にてエクスプローラ車が、この橋を渡る姿はもう見ることが出来ないといった文言を書きましたが、

実はディスカバリーもエクスプローラもちゃんと由良川を渡っていることを知ったからなんです。(ご存知の方には何を今さらという感じですが)
で、朝日にギラリ輝くエクスプローラ車を撮影したい!という思いから頑張って早起きしてやってきたということです。

鉄橋の上流側ではウィンドサーフィンの練習をしている人が大勢いらっしゃいました。朝の風は条件がいいのでしょうかね?

また、海側の河口ではパラシュートみたいなのをつけてサーフィンしている人もいらっしゃいました。そんな様子を見ながら、やってくる普通列車を撮影したりしながら本命を待ちましたが風が強くて冷たいので、かなり寒かったですわ。
2012-1021-3

先ほどの話に戻りますが、北近畿タンゴ鉄道内の豊岡から福知山間に特急たんごリレー号という名で運用されているエクスプローラ車ですが、

とうぜん宮津から西舞鶴の間は特急としての運行はありません。でも時刻表をよく見ると、ちゃんと由良川を渡ってるんです。時刻表で列車の終点や分岐する駅でひょこっと矢印が出て車番が変わるやつ。

この朝に狙ったものは、西舞鶴から宮津までは普通列車で、そこから特急たんごリレー号となって福知山まで行きます。よって宮津までは普通列車ですが、車両は特急車両になるわけですね。(1枚目のディスカバリー車と同様ですね)

そうしているうちに背後からジョイント音が聞こえてきました。朝日はまだ鉄橋に降り注いではいませんでしたが私の横をエクスプ・・・あ~ディスカバリー車でしたね。少し残念でしたが仕方ないですね。決まったスジに決まった車両が充当されているかはわかりませんが、朝日に輝くEXP車は次の楽しみに取っておきたいと思います。
2012-1021-4

川面に流れる霧はこんな感じだったんですよ!だいぶ流されてしまった後ですが・・・
2012-1012-2

category: 北近畿タンゴ鉄道

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 6   

今の姫新線と僕の撮影スタイルって? 

鉄道写真に復活して、丸3年になりました。最初のころは子供のころから大好きだった播但特急のキハ181はまかぜを毎週のように追っかけて撮影をしていました。同時に僕の地元を走る姫新線のキハ40車両の撮影も楽しみでした。

また雷鳥や日本海といった旧国鉄時代から残っている特急列車の撮影に滋賀県や福井県まで出かけることもありました。そして夢中で追いかけたキハ181はまかぜは引退し、雷鳥や日本海といった子供のころから慣れ親しんだ特急列車が次々と引退していきました。
2012-1020-1
(心象写真へ転身しましょうか?   本日の夕焼けより)

はばタンや姫路色のキハを撮影をしていると地元路線である姫新線に密着した撮影をしたいという気持ちが大きくなって、姫新線へ通う機会も増えていきましたが、主役であったキハ40たちも姫新線から姿を消してしまい、今ではころころ浮気をするかのように、目的や信念もなく行き当たりばったりの撮影しか出来ていません。

当然、撮影しても撮ったぞ!という嬉しさもなければ達成感もありません。(全部がそうではないですが・・)はばタンたちの引退から半年以上が過ぎ未だに姫新線に密着した写真を撮りたい気持ちはありますが、この色気のないステンレス車をどう捌いていくか?がとても難しいテーマになっています。
2012-1020-2


そんな僕は、明日も浮気し他の路線へ行く予定です。(バカ!)


category: 姫新線

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 2   

もうすぐ頂上? 

土曜日の午後、神戸電鉄新開地~鈴蘭台の間だけですが乗車してきました。以前の神鉄記事で「鈴蘭台まで一気に登るよ!」と教えていただいたので、その登る感触を味わいたくてちょっとワクワク気分でした。

乗り鉄のお約束?一番前の車両に乗車し出発を待ちました。新開地の次の駅湊川までは地下区間でしたが、そこから地上に出たと思ったら一気に登り始め、あっという間に神戸の街並みが眼下に見えるようになりました。

2012-1013-3

そして鵯越から鈴蘭台までは秘境といってもよいくらいの山の中を駆け抜けて鈴蘭台駅に到着しました。写真は鵯越駅のホームから登坂してくる神鉄を撮影したものですが、トンネルの向こう側との高低差がお分かりいただけるかな?と思います。

2012-1013-1

category: 神戸電鉄

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 2   

はばタンがいなくても 

はばタンが姫新線から姿を消した後、仕事が忙しいのも重なって姫新線を訪れる回数は激減してしまいました。
先週の3連休最後の日に久しぶりに沿線を訪れましたが、一面のそばの花と稲刈りを終えていない黄金色の田んぼがとても綺麗でした。
2012-1008-1

はばタンたちキハ40が姿を消しても沿線には今までと何一つ変わらない風景が広がっています。

2012-1008-2

category: 姫新線

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 2   

秋の景色とともに 

京阪旧3000系撮影の続きです。午後になって光線状態の良い、ある場所に移動してきましたが既に先客で一杯でした。道路がS字状になっている踏切なんですが、三脚や脚立の前に数人、その場所から溢れた人はガードレールの内側でスタンバイをしていました。

ちょっと言葉が悪いですが雷鳥やはまかぜの引退時に見た異様な光景を思い出してしまい(その人たちには罪はありませんが)「撮れるところでいいや!」って感じで木津川の土手へ戻ってきました。

木津川と宇治川の中州にある田んぼでは稲刈りが行われていてましたが、築堤に近い田んぼはまだ刈られておらず、黄金色に輝く稲穂が一面に広がっていたので、秋の風景も来年は見れないということで風景撮りにすることにしました。
2012-1007-11
また、河原に目を向けると逆光で輝くススキの穂が風に揺られていましたので、こちらも秋の風景、鉄橋を渡ってくる旧3000系と一緒にシャッターを切り、そのまま後追いで黄金色の稲穂とともに撮影を行いました。
この場所は京滋バイパスが出来てから風景がだいなしという記事を書くブログで見かけますが、高速道路も含めて工夫して撮れればいいかな?と思います。
2012-1007-12
順光で陽も差していましたので最後にカーブしてくる編成を後ろの高速道路と一緒に撮影しました。側面にも陽があたり綺麗なオレンジ色が輝いてくれました。ただし、この場所は立ち位置と線路が近いのでこのような写真の撮影は止めておいたほうがいいかもしれません。一応、手を挙げて合図をしましたが、鳴らされてしまいましたので・・スイマセン。。。
2012-1007-14

category: 京阪電気鉄道

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 6   

D400の発表はいつ? 

19日に発売されるPENTAX K-5Ⅱ、K-5Ⅱsの作例が先日メーカーサイトにて公開されましたね。特にk-5Ⅱsの作例は、価格.comの口コミやカメラをテーマにする掲示板やブログなどでの反響が凄いですね。

APS-Cでこれだけ解像すればフルサイズは不要とコメントされている人もいましたし、作例はすべて望遠ズーム(★)なので、単焦点レンズでの画質に期待できる!などといったコメントも目にしました。

私もメーカーサイトの作例を見ましたが素人の私でも”すっきり、くっきり”している画の違いを感じることができました。鉄道撮影で半分近く占める「鉄道風景」(個人的には鉄道情景と呼びたい・・・)

のスタイルが多い私にとって風景でも良し!編成写真でもAPS-Cの利点を活かせるK-5Ⅱsには大きな魅力を感じていますし、レンズのロードマップでは来年あたりにDA★広角、標準ズームの発表が記されていますので

手持ちでも問題ないのなら、鉄道風景のメイン機材として欲しい!というのが正直な気持ちであります。話は変わりますがNikonは今年、3台のフルサイズデジタル一眼を発売しフルサイズについては路線が確立された感じがあります。

DXについてはD3200の1台のみで、噂はされているもののD300S後継機の発表は未だにありません。2400万画素でくるのか?1600万画素で抑えてくるのか?早く発表してくれないとK-5Ⅱsを買ってしまうぞぉ~と思いながらD400の発表を首を長くして待っています。

ローパスレスのD400Eなんてのが出たら面白いかもしれませんね。
2012-1007



category: カメラ

TB: 0    CM: 2   

京阪旧3000系を・・・やっと撮りました。 

前回は旧3000系運休日に撮影に来てしまったため、撮影はおろか走っている姿をも見ることなく撤収しました。その時から約1カ月半、今日ようやく撮影することができました。どうせなら前回と同じ木津川橋梁でと考えていましたが到着したのが9時半ごろ(本当は7時半には到着している予定)で既に太陽が後ろ側へ回り込んでいたため、ここは諦めて宇治川橋梁のほうへ移動しました。しかし狭い撮影スペースに既に先客がおられましたので土手から宇治川橋梁を渡ってくる旧3000系特急を撮影しました。これがこの日の最初の撮影でしたがトラスの色と同系色な車体なので見事に同化してしまい分かり難い写真になってしまいました。(取りあえず先頭車には陽があたってくれていました 汗)
2012-1007-1
旧3000系特急列車の引退発表があり、先日からはクラシックタイプに戻された(変更)車両が運行されていますが、今日は連休の中日ということもあってか、カメラを手にした多くの鉄道ファンを見かけました。まだまだ引退まで期間があるとはいえ、早い時期から多くのファンが訪れていることで京阪電車の人気を再認識した感じがします。
2012-1007-2
場所を橋本駅近くへ移動し出町柳行きの編成を撮影しました。ここはアウトカーブになりますが、架線のコンクリート柱がかなり線路よりにあり、踏切の侵入警報機もあるため背伸びをしてもかわすことが出来ないので少しトリミングをしています。練習では150mmで編成の後ろまで切れることなく迫力のある写真が撮れましたが、本番は自信がなくて・・・
2012-1007-3
出町柳からの折り返しまで1時間ほどありましたので、昼食を取り戻ってきましたが、別の方がベストポジションを抑えていらっしゃいました(ガクッ)時間的に反逆光だったのと雨がポツポツしていましたので暗めの写真になりましたが、S字カーブを走る良い写真が撮れたと思います。
この後は場所を変え、あと少し撮影しましたが次回の記事で紹介したいと思います。

category: 京阪電気鉄道

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 4   

水島臨海鉄道 

岡山県の水島臨海鉄道という会社にキハ20という国鉄型気動車が走っていることを知ったので、ひと目見ようと思い行ってきました。倉敷から水島、三菱自工前を結んでいる路線ですが、1時間に2~3本の割合で走っています。しかし今日走っていたのはレールバスばかり。
2012-1006-1
途中で車をコインパーキングに止めて、列車に乗って三菱自工前まで行きました。駅から少し歩いたところに貨物ターミナルがあるとのことで、行ってみると居ました、いました。
2012-1006-2
朱色とクリームの国鉄色と水島色(と呼ぶらしい)2編成仲良く並んで止まっていました。どうやら、この車両は平日の朝夕ラッシュ時に運転されるそうで、今日は走行している姿も乗車することもできませんでした。
2012-1006-3
水島といえば、社会で勉強したコンビナートが頭に浮かびますが、このターミナルから遠目に望むことができたので、水島の要塞と一緒に写真を撮って、お開きとしました。
2012-1006-4

category: 私鉄・3セク

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 0   

しかし、今ごろ気づくか! 

今年の2月に購入した↓のカメラ 今までコンデジはほとんどオートでしか撮影しませんでした。
2012-0213-2

撮影に幅がでるようにと思い、絞り優先やマニュアル撮影機能があるものにしました。

使っていて気になることはあったのですが・・・

絞り値の設定が3段階にしかできません!

半年以上もたって気づくなんて・・・”M”がある!とだけ見て、よく確認しなかった自分の責任ですが・・・

シャッタースピードは???・・・調べるのやめとこ!

はぁ~責任とってP310に行こかな?

category: カメラ

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

TB: 0    CM: 2   

プロフィール

1クリックお願いします

カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

天気予報

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。