スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

山陽のラッピング車に思うこと 

阪神電鉄撮影時に山陽電鉄のラッピング車も撮影することができました。ひとつは青い塗装で東経135度、日本の時刻の基準である明石の子午線を描いたもの。もう一つは放送中であるNHK大河ドラマ平清盛と、清盛ゆかりの地である神戸を描いたもの。
2012-0828-1
どちらも観光客誘致のための広告だと思うのですが、なぜ先頭車だけ?しかも正面にしかラッピングされていません。観光客誘致が目的ではないのでしょうか?駅や沿線で人の目に入りやすいのは側面へのラッピングだと思うのですが・・・
2012-0828-2
駅で目にするとしても、列車が入線してきた時に先頭車を見ていなければ気が付きません。側面に広告があれば嫌でも目にしますので宣伝効果を狙うなら側面だと思うのですが・・・このあたり会社の経営状況が関係しているのでしょうか?
スポンサーサイト

category: 山陽電気鉄道

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 4   

撮り飽きた感の山電 

何回か山陽電鉄の撮影をしていますが、特急車両は1種類しかないので、そろそろ飽きてきた感じがします。
それに比べると阪神の車両は1000、8000,9000系といろいろ楽しめます。次回は阪神本線で特急車両の他にジェットカーなどなど撮影しに行こうと思います。神戸側で山陽の車両を見ると少しは新鮮さが戻るかな?
2012-0621-1

2012-0621-2


category: 山陽電気鉄道

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 2   

大手と準大手の差は大きい 

今年のNHK大河ドラマは神戸に縁のある松山ケンイチ主演の平清盛ですね。阪神電気鉄道と山陽電気鉄道はそれぞれの車両に観光誘致のアピールで平清盛ラッピング車両を運行しています。日曜日にそのラッピング車を撮影しようと行きましたが残念ながらラッピング車に会うことはできませんでした。それぞれのデザインは下記リンクを参照してご覧頂きたいのですが、どう見ても阪神のラッピングの方が良いしお金もかかっていそうですね。
山陽電鉄ラッピング車
阪神電車ラッピング車
それに比べて山陽の方は文字と絵柄だけでとても地味です。決して悪いとは思いませんが阪神、山陽と相互乗り入れしている割には差がありすぎると感じます。会社の規模や利益は別にしてこのデザインにはセンス(経営努力)の差を感じてしまいます。車両自体も新車を投入している阪神に比べ山陽は古びた感じに見えますね。
2012-0214-1
阪神8000系   クリーム色と朱色の配色が良い感じです。
2012-0214-2
山陽5000系   赤帯のアクセントは良いのですがくすんだシルバーがちょっと古臭く感じます。洗車すれば綺麗になるのかな?
2012-0214-3
山陽3000系類   車体に色が付いているぶんマシですが黒帯はちょっとアンバランスに感じます。
2012-0214-4
阪神1000系   サイドラインは山陽5000系同様に地味ですが鉄火面のような渋いマスクだと思います。
こうなれば、阪神清盛号やジェットカーなど大阪方面でも撮影してみたいと感じます。

category: 山陽電気鉄道

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

1クリックお願いします

カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

天気予報

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。