スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

バンコク鉄道情景 

以前、出張で行き来していたころにバンコク駅に写真を撮りに行ったことが数回ありましたが、今回は駅から20分ぐらい歩いたところの高架橋から駅の様子を望めるところがあったので、汗だくになりながら頑張って歩いてきました。バンコク駅はターミナル駅なので1日何本もの列車が行き来しますが、そんな大きな駅から少しの場所でもタイならではの鉄道情景を見ることが出来ます。
20150502-1
機関車の周りに大勢の人たちがいますね。車両のトラブル発生?でしょうか。奥の客車には乗客も乗っているようですが・・・
2015-0502-2
駅のほうに寄ってみるとアーチ形の建物が駅舎です。ホームも少しだけ見えますね。ターミナル駅らしい車両群や日本とは違う雰囲気に異国情緒を感じます。
停止してしまった機関車の横を長旅を終えた列車が通過して行きます。冷房もついていない旧型の客車です。遠方だと十数時間こんな列車に揺られながら乗車しなければなりません。
2015-0502-3

2015-0502-4
駅と反対側に目を向けると鉄道と共存する庶民の生活の一部を見ることが出来ます。バンコクはタイの首都ですが、日本の都会や中国の上海などと違い、中心部から少し離れるだけで、ローカル色がまだまだ残っています。高層の建物の中にバラック屋根の住宅があったりで不思議な感じです。
20150502-5
列車が通過市内ときは線路内も住民の道となります。買い物へ向かう人、駅に向かう人いろいろな人が線路を生活道路として使っているのですね。
20150502-6
列車が通過するときは、さすがに線路内を歩く人はいませんが端っこを歩く人たちはお構いなしですね。
2015-0502-7

20150502-8
列車が通過し終わるとまたこんな感じに戻ります。
20150502-9
そしてまた列車が通過して行く・・・

さて、駅側のほうに目を戻すと立ち往生していた機関車はどこかへ移動していました。周りにいる人たちはポイントらしきところを指さしているのでポイントの故障で立ち往生してしまったのかもしれません。日本ではこんなトラブルでも素早い対応力がありますが、直るまで待つ遅れてものんびり行きましょうという感じですね。
2015-0502-10
私は高架橋を後にして、バンコク駅に戻り、駅構内の風景を少しだけ撮影することにしました。
異国の鉄道情景をあと少しご紹介したいと思います。
20150502-11

20150502-12

20150502-13

20150502-14

20150502-15

20150502-16

20150502-17

20150502-18
スポンサーサイト

category: タイの鉄道

TB: 0    CM: 1   

BTS 

バンコクは本格的な夏を迎えました。
毎日35℃を超える暑さです。週間予報では来週の最高気温が40℃となっています。
今週はソンクラン休暇(タイのお正月)で、部屋でごろごろしている日々が続いていますが
食材の買い出しがてら、少し鉄道写真を撮りました。
20150416-1
私が住んでいるところから電車で2駅のところにあるマックスバリューにめんつゆとソースを買いに来ました。
買い物を済ませた後、帰りの電車を待つ間に反対側のホームでも撮影しました。ビルとビルが重なって階段状になっているのが画になるなぁなどと考えながら・・・
20150416-2

20150416-3
自分の住む駅に下りて先ほどの都会の風景とは違うローカルな雰囲気の中で撮りました。街並みはタイ語の看板ばかりですね。日本と違い電車主体より、こういった脇役のほうが好きだったりします。この後は地元のローカルスーパーで野菜や果物など2度目の買い物をして部屋に帰りました。
20150416-4

20150416-5

category: タイの鉄道

TB: 0    CM: 2   

フアランポーン駅再訪 

こんばんは。
2週間ほど出張に行ってましたので久しぶりの更新になります。以前に紹介した姫路モノレールや北条鉄道沿線を歩いた続編もあるのですが、少し間が開いてしまい記事として紹介するタイミングを逃してしまったと思うので、出張中に訪問したタイ国鉄の起点駅であるフアランポーン駅再訪の写真をアップしたいと思います。
2013-1221-2
欧風を想わせる造りの駅舎です。ドーム型の駅構内は広々とした待合スペースやレストランなどがあります。切符売り場はすべて対面式になっています。窓口はたくさんありますが職員がいる窓口はまばらで少なめですね。
出発時刻と行き先を記した電光掲示板はタイ語と英語です。日本語はもちろんありません。
2013-1221-3
一番端のホーム上に開店している床屋さんです。故郷へ向かう前にさっぱりすっきりと髪を整えてという感じでしょうか?日本人もお正月前や田舎への帰省前に綺麗に身を整えたりしますので駅のホームで・・を除けば違和感はありません。
2013-1221-1
タイ国鉄は全線非電化でディーゼル機関車や気動車ばかりです。時刻表も一応ありますが遅れることはしばしばで、日本人の心理であればイライラするところでしょうが穏やかな性格のタイ人にとっては大した問題ではないのだと思います。古びた機関車の重連編成の列車が出発を待っています。エンジン音が轟々と響いています。
2013-1221-4
その隣のホームではかなり長い編成の列車が出発を待っていました。機関士さんと思われる男性が窓の汚れを綺麗にふき取っています。
2013-1221-5
今、バンコクでは反政府団体が現政権を倒そうとデモを繰り返しており、大使館からも注意喚起のメッセージが出ています。デモの情報をFacebookで入手しながらで町の中心部には近づかないように気を遣いながらの行動でしたが、普段と変わらぬ休日の光景に緊張した気持ちが少しだけ和らぐことができました。
2013-1221-6

Nikon1 J1+1 VR 10-30mm f/3.5-5.6で撮影しました。

category: タイの鉄道

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 2   

タイ国鉄 都心から少し郊外へ 

今日は連休の最終日でしたね。朝から梅雨明けを感じさせるような良い天気になり、どこかに出かけたく思いましたが、いざ何を撮影しようかと考えると何も思いつかず結局家でゴロゴロして1日が終わってしまいました。
さて、バンコクで撮影した鉄道写真も本日で最終となります。紀行文として1度に紹介するべきでしたが、小出しになってしまい、少々飽きが来ていることと思います。この駅はバンコク中央駅から北に向かって数駅の所にあるバンスーという駅です。国鉄の切符の買い方、行き先の列車がどれかわからないので地下鉄で3~40分かけて遠回りしてやってきました。周りの風景をあまり撮影しませんでしたが、バンコク都内ですが郊外に向かうにつれてゆったりと、のんびりとした風景に変わってきます。2012-0716-1
構内にはシャッターが閉じていますが多くのお店がありました。そうしているうちにバンコクへ戻る機関車が牽引する列車が入線してきました。3等客車は冷房もなく窓が前回になっていますが、暑さに耐えることができれば、一番現地の鉄道を味わうことができますが私にはその根性がありません。何せ汗かきなものですから・・・
2012-0716-3
この駅は前後にずれた配置となっているようで、バンコク側にカメラを向けると高い建物は少しだけになりのどかな雰囲気を感じることができます。駅の表札にはバンスージャンクションと書かれていましたので、この駅は分岐点かもしれません。
2012-0716-2
バンコクからの列車も続いて入線してきました。このあと、機関車の付替えを行っていましたが方向転換するのかどうかまで確かめることはできませんでした。
2012-0716-4
長期にわたりバンコクの鉄道を紹介してきましたが、本当の魅力は駅構内で撮影するよりも沿線で撮影する方が良さそうです。人々に密着した鉄道のため、人の表情や景色を大きく取り入れたほうがもっと雰囲気が出るのかもしれませんね。次回にまた機会があればチャレンジしてみたいと思います。
ちなみにホームには(ホームに限らず街中もですが)犬や猫が放し飼いでうろうろしています。日本では人間を見ると逃げてしまいがちが感じですが、タイの犬は根性が座っているのか人間が横を通ってもびくともしないです。

category: タイの鉄道

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 2   

タイ国鉄 フアランポーン駅ホーム先端からの眺め 

3連休も2日が過ぎましたが皆様は鉄道撮影に出かけられていると思いますが、私は・・・といいますと、1日中睡魔が抜けず気がつくとウトウトとしている時間が多く、あっという間に夕方になってしまいます。
さて、バンコク中央駅で一通り撮影したあと、水分補給のためナーム(水)を購入しホーム先端に座り込んで景色を眺めていました。南国らしくヤシの木があったり日本の昭和を思い出す”サボ”置き場がホームにあったりでのどかな雰囲気の中、ちょっと日本では見かけない光景を目にしました。
2012-0715-1
線路のレールが弓なりに沿っているように見えます、いや、継ぎ目の部分が沈み込んでいるのか暑さで膨張したレールが反り返っているのか?このジョイントではスピードを上げて走ることは危なそうですね。
2012-0715-2
2012-0715-3

線路に限らず建物や、私が仕事をしている設備、プラント関係でも日本的品質を求めるには未だまだそこまでのレベルには至っていないタイの現状です。見栄えはどうであれ最低限の機能を果たせば良いという考えのようです。
最初は嫌だった海外出張ですが日本のピリピリとした雰囲気とは違い、のんびりとして大らかな人間性をもったタイという国が少しずつ好きになってきました。
2012-0715-5

category: タイの鉄道

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 2   

プロフィール

1クリックお願いします

カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

天気予報

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。