スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

Teleconverter×1.7の試し撮り 

ニコン純正のテレコンAi AF-S Teleconverter TC-17E II(中古品)を購入しました。
ほとんど使用する機会はないと思うのですが、先日の北陸遠征時にちょっと短いと感じ、
もう一度行きたいと思っているので非常用として購入です。

早速、D300SとAF-S 70-200mm f2.8G VR IIに装着し試し撮りを行いました。
今まで届かなかったポイントでテレ端340mmで撮影してみました。(35mm換算=510mm)
2014-0216-1
Nikon D300S+AF-S 70-200mm f2.8G VR II+Ai AF-S Teleconverter TC-17E II

望遠撮影には不向きな短編成ですが、圧縮効果による迫力はすごいです。
画質の劣化等のコメントも見かけますが、私には全く違和感はありませんでした。
2014-0216-2
Nikon D300S+AF-S 70-200mm f2.8G VR II+Ai AF-S Teleconverter TC-17E II

AF追従もテレ側で撮影する分には少々遅くても十分間に合うと思います。
トンネル出たとこのアップも撮れるようになりました。(写真はトンネルへ入るとこですが・・・)
2014-0216-3

最後は2両編成のテレ端3Dトラッキングで撮影しました。1枚目と同じ焦点距離ですが
直線の編成では圧縮されすぎてやはりアンバランスですね。
最近はペンタックスばかり使用していましたが、ニコンの機材も買ってしまったので
早くD300S後継機が発表になってほしいです。
2014-0216-4

スポンサーサイト

category: 播但線

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 4   

播但線の冬景色 

こんにちは。
最近、仕事関係でいろいろ考えるところがあって、昨日外出した際に生まれて初めて
占い師さんに診てもらいました。その結果は・・・
今年の仕事運は最高に良いとのこと、自分のやりたいこと全て上手くいく!
とのこと、ほんまかいな?

この週末は寒波が日本上空に居座って各地で大雪となっているようですね。
僕の自宅でも屋根の上に1センチほど積もっていました。
雪が降ったとなれば、鉄道雪景色を撮らないわけにはいきません。

でも冬タイヤを持っていないので、あまり雪深いところには行けないので
近場でお手軽な播但線へ向かいました。
お手軽と言っても、雪国と変わらぬ風景となるので路面状態を気にしながらでしたが
撮影ポイントまで辿り着くことができました。
2014-0119-1
PENTAX K-5Ⅱs+SMC DA70mm F2.4 Limited

この場所で久しぶりに知人と会い、1Dはまかぜを一緒に撮影しましたが知人は
フィルムがもう無いとのことで今日は撤収されるとのこと、ここでお別れし僕は
昼飯を食べようと思い一旦下山することにしました。
2014-0119-2
PENTAX K-5Ⅱs+SMC DA21mm F3.2 Limited

昼食の後は、播但線ではよく撮影する川の中から雪化粧した山や木々を絡めて
単行列車を2本撮影してみました。長靴に履きかえて川の中へジャブジャブと
入って行きましたが、流石に冷たい!
2014-0119-4
PENTAX K-5Ⅱs+SMC DA40mm F2.8 Limited

川に張り出す松の木と、その下にある石とのバランスが良くお気に入りの風景なのですが
鉄道と絡めるとなると、構図決めがなかなか難しいです。
待っている間に一瞬だけ青空が出たのですが、鉄橋を渡る列車と青空を合わせて撮ることは
出来ませんでした。
(一瞬の輝きを収めるのはとても難しいです。ブログタイトルのプレッシャーが・・・)
2014-0119-5
PENTAX K-5Ⅱs+SMC DA40mm F2.8 Limited

次はレンズをDA70mmLimitedに付け替えて、同じ鉄橋を渡る列車を撮影してみました。
雪景色の場合は花や紅葉と違ってあまり圧縮効果による恩恵はないかな?と
感じましたが、40mmも70mmもどちらも良い景色だな?と思います。
2014-0119-6
PENTAX K-5Ⅱs+SMC DA70mm F2.4 Limited

僅か15分ほど川の中に居ただけですが、足が冷たくなってきたので川から上がり山を下りました。
途中で3Dはまかぜを撮影して帰宅しました。
2014-0119-7
PENTAX K-5Ⅱs+SMC DA21mm F3.2 Limited



category: 播但線

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 6   

「はまかぜ」も撮りました 

初撮りは381系のこうのとり号でしたが、
昼食後に播但線へ戻って定番のはまかぜを撮りました。

撮る順番はこうのとりが先でしたが、同じ日の撮影なので
こちらもある意味、初撮りになりますかね?

はまかぜの他にもキハ40系なども撮りながら、ゆっくり南下していこうと
考えてましたが昼食をとった某牛丼屋さんで予想以上に時間がかかってしまい
和田山から神河町まで大慌てで移動しました。
2013-0104-1
Nikon D300S+AF-S 70-200mm f2.8G VR II

なんとか間に合って、下りのはまかぜ3号を撮影できました。
年末年始は臨時はまかぜも運行されており、この日は山陰から大阪へUターン?
客を乗せたはまかぜ88号がそんなに待つことなく南下してくるので
同じ場所で撮ることにしました。
2013-0104-2
Nikon D300S+AF-S 70-200mm f2.8G VR II

こうのとりの撮影含め、この日はD300Sと70-200ニッパチだけを使いましたが
AF-Cの追従精度の良さを改めて感じることができました。
しかしながら、2ダイヤルの操作やAFボタンの操作は指がK-5Ⅱsの位置で
覚えているのか?何度もファインダーから目を外して確認する私でした。


category: 播但線

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 4   

落葉ですね 

Yahooの紅葉情報でも関西地方は”色褪せ初め”との情報が多くなってきました。ふと思い出したように、あの場所の紅葉が見たいと思い出かけましたが既に”落葉”してました。
2013-1201-1
標高が高いと平地より季節の進みが早いですね。すぐに播但路も寒い冬を迎えます。
2013-1201-2

category: 播但線

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 0   

水車の郷 

寺前駅の1つ姫路寄りに新野という駅があります。ここは電化区間なので、あまり撮らない場所ですが、はまかぜ撮影の合間に足を運んでみました。新野駅を出ると「水車の郷」と書かれてある看板や幟が目に入ります。
2013-0501-3
PENTAX K-5Ⅱs+smc DA40mm F2.8 Limited

そして田んぼに目を向けると、あちらこちらで水車が回っている光景が目に入ってきます。田植えのシーズンが始まり稼働している水車を撮影してみたのでご紹介したいと思います。
2013-0501-7
PENTAX K-5Ⅱs+smc DA40mm F2.8 Limited

水車に近づくとギシギシと音をたてながら回転していました。隅々まで見たわけではないのですが回転する主軸の部分は軸受けなどは使ってなく、昔ながらの作りでることに驚きました。
2013-0501-4
PENTAX K-5Ⅱs+smc DA70mm F2.4 Limited

水路から水をくみ上げては落としていく様を見ていると、昔の人は良く考えたものだなと感心します。仕事柄、機会のからくりとかに興味があり、FA化が進む中でも、このような昔からの知恵を現代の仕事においても活かしていかなければと感じます。
2013-0501-5
PENTAX K-5Ⅱs+smc DA70mm F2.4 Limited

しかしながら普段鉄道しか撮らないため、このような被写体をどう撮って良いのか?さっぱり見当も付ません。
三脚がればシャッタースピードを落とし、水の流れと水車の動きなど表現できるのでしょうが、生憎手持ちなので水の流れを止めて撮影するくらいしか思いつきませんでした。

2013-0501-6
PENTAX K-5Ⅱs+smc DA40mm F2.8 Limited

ボケを活かした写真も、どっちをボカせば画になるか?よくわからないので、とりあえず2種類撮って良いなと思ったほうを掲載しています。

鉄道撮影の合間に水車に癒され時間を忘れて夢中に撮影しておりました。

category: 播但線

thread: ある日の風景や景色  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 3   

プロフィール

1クリックお願いします

カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

天気予報

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。