秋の景色とともに

京阪旧3000系撮影の続きです。午後になって光線状態の良い、ある場所に移動してきましたが既に先客で一杯でした。道路がS字状になっている踏切なんですが、三脚や脚立の前に数人、その場所から溢れた人はガードレールの内側でスタンバイをしていました。ちょっと言葉が悪いですが雷鳥やはまかぜの引退時に見た異様な光景を思い出してしまい(その人たちには罪はありませんが)「撮れるところでいいや!」って感じで木津川の土...

京阪旧3000系を・・・やっと撮りました。

前回は旧3000系運休日に撮影に来てしまったため、撮影はおろか走っている姿をも見ることなく撤収しました。その時から約1カ月半、今日ようやく撮影することができました。どうせなら前回と同じ木津川橋梁でと考えていましたが到着したのが9時半ごろ(本当は7時半には到着している予定)で既に太陽が後ろ側へ回り込んでいたため、ここは諦めて宇治川橋梁のほうへ移動しました。しかし狭い撮影スペースに既に先客がおられまし...

京阪旧3000系を・・・この日はお預け

前記事でも触れましたが、日本海通過までの時間を京阪電鉄撮影にあてました。場所は木津川鉄橋そばの踏切です。狙いは旧3000系京阪特急だったのですが・・・来春で引退するこの車両のことを知ったのが、ラジオ関西毎週金曜日の羽川秀樹の情報アサイチという番組内での”鉄学の道”というコーナーでした。旧3000系車両は1編成しか残っていないため、どの時間帯に運行しているかは分からないという番組内での発言が頭に残っていたた...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。