スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

秋の景色とともに 

京阪旧3000系撮影の続きです。午後になって光線状態の良い、ある場所に移動してきましたが既に先客で一杯でした。道路がS字状になっている踏切なんですが、三脚や脚立の前に数人、その場所から溢れた人はガードレールの内側でスタンバイをしていました。

ちょっと言葉が悪いですが雷鳥やはまかぜの引退時に見た異様な光景を思い出してしまい(その人たちには罪はありませんが)「撮れるところでいいや!」って感じで木津川の土手へ戻ってきました。

木津川と宇治川の中州にある田んぼでは稲刈りが行われていてましたが、築堤に近い田んぼはまだ刈られておらず、黄金色に輝く稲穂が一面に広がっていたので、秋の風景も来年は見れないということで風景撮りにすることにしました。
2012-1007-11
また、河原に目を向けると逆光で輝くススキの穂が風に揺られていましたので、こちらも秋の風景、鉄橋を渡ってくる旧3000系と一緒にシャッターを切り、そのまま後追いで黄金色の稲穂とともに撮影を行いました。
この場所は京滋バイパスが出来てから風景がだいなしという記事を書くブログで見かけますが、高速道路も含めて工夫して撮れればいいかな?と思います。
2012-1007-12
順光で陽も差していましたので最後にカーブしてくる編成を後ろの高速道路と一緒に撮影しました。側面にも陽があたり綺麗なオレンジ色が輝いてくれました。ただし、この場所は立ち位置と線路が近いのでこのような写真の撮影は止めておいたほうがいいかもしれません。一応、手を挙げて合図をしましたが、鳴らされてしまいましたので・・スイマセン。。。
2012-1007-14
スポンサーサイト

category: 京阪電気鉄道

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 6   

京阪旧3000系を・・・やっと撮りました。 

前回は旧3000系運休日に撮影に来てしまったため、撮影はおろか走っている姿をも見ることなく撤収しました。その時から約1カ月半、今日ようやく撮影することができました。どうせなら前回と同じ木津川橋梁でと考えていましたが到着したのが9時半ごろ(本当は7時半には到着している予定)で既に太陽が後ろ側へ回り込んでいたため、ここは諦めて宇治川橋梁のほうへ移動しました。しかし狭い撮影スペースに既に先客がおられましたので土手から宇治川橋梁を渡ってくる旧3000系特急を撮影しました。これがこの日の最初の撮影でしたがトラスの色と同系色な車体なので見事に同化してしまい分かり難い写真になってしまいました。(取りあえず先頭車には陽があたってくれていました 汗)
2012-1007-1
旧3000系特急列車の引退発表があり、先日からはクラシックタイプに戻された(変更)車両が運行されていますが、今日は連休の中日ということもあってか、カメラを手にした多くの鉄道ファンを見かけました。まだまだ引退まで期間があるとはいえ、早い時期から多くのファンが訪れていることで京阪電車の人気を再認識した感じがします。
2012-1007-2
場所を橋本駅近くへ移動し出町柳行きの編成を撮影しました。ここはアウトカーブになりますが、架線のコンクリート柱がかなり線路よりにあり、踏切の侵入警報機もあるため背伸びをしてもかわすことが出来ないので少しトリミングをしています。練習では150mmで編成の後ろまで切れることなく迫力のある写真が撮れましたが、本番は自信がなくて・・・
2012-1007-3
出町柳からの折り返しまで1時間ほどありましたので、昼食を取り戻ってきましたが、別の方がベストポジションを抑えていらっしゃいました(ガクッ)時間的に反逆光だったのと雨がポツポツしていましたので暗めの写真になりましたが、S字カーブを走る良い写真が撮れたと思います。
この後は場所を変え、あと少し撮影しましたが次回の記事で紹介したいと思います。

category: 京阪電気鉄道

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 4   

京阪旧3000系を・・・この日はお預け 

前記事でも触れましたが、日本海通過までの時間を京阪電鉄撮影にあてました。場所は木津川鉄橋そばの踏切です。狙いは旧3000系京阪特急だったのですが・・・
来春で引退するこの車両のことを知ったのが、ラジオ関西毎週金曜日の羽川秀樹の情報アサイチという番組内での”鉄学の道”というコーナーでした。旧3000系車両は1編成しか残っていないため、どの時間帯に運行しているかは分からないという番組内での発言が頭に残っていたため、何も調べずに行き当たりばったりで来ましたが、京阪電鉄のホームページで旧3000系の特集が組まれており、日毎の走行時間帯どのスジで運行されるかがきちんと紹介されていました。ちなみに私が訪れた20日は運休でした。。。
という事で今回は新3000系と現8000系その他を撮影し、本命の旧3000系は次回持ち越しとなりました。
2012-0822-1
三つ目小僧?の新3000系
2012-0822-2
京都側は先頭車にパンタが付いているため撮影しにくいです。

category: 京阪電気鉄道

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 4   

プロフィール

1クリックお願いします

カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

天気予報

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。