スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

神戸電鉄 粟生線にて 

今日は久しぶりに晴れた休日でしたがとても暑かったです。帰宅してから暫くは体が火照ってしまい何度も水分を補給していました。最近は晴れれば遠出しよう!と考えるのですが、起きる時間が少しでも遅れると、やっぱり今度にしようと考えてしまいます。時間的には問題ないのですが、遠出するなら朝の早い時間には現地に到着していたいという思いがあるからかもしれません。

朝二ぐらいの時間で家を出て、今日の昼食は北条鉄道法華口駅のモンファボリさんで米粉パンとコーヒーを頂きに行こうと考えてました。昼までは時間があるので加古川を北上し小野市付近で神戸電鉄を撮ってみようと思いました。2013-0721-1
PENTAX K-5Ⅱs+smc DA70mm F2.4 Limited

2013-0721-2
PENTAX K-5Ⅱs+smc DA40mm F2.8 Limited

ウィキで調べると、この2000系電車はアルミ合金製のようです。営業速度は最高で80km/hとのことですが陸橋の上から撮影していると結構なスピードで走り抜けて行きました。
同じ陸橋から今度は粟生行普通電車を撮影しました。この車両は先頭車にパンタグラフがついているので、引き付けすぎるとパンタがはみ出てしまいますが、陸橋の上からでは気にせず撮影することができますね。
2013-0721-3
PENTAX K-5Ⅱs+smc DA40mm F2.8 Limited

2013-0721-4
PENTAX K-5Ⅱs+smc DA40mm F2.8 Limited

場所を変え、田園地帯へやってきました。田んぼの横に「グレードアップ山田錦」という幟が立てられてました。山田錦は主に北播磨で栽培されている酒米で日本酒のブランドになります。僕はあまり日本酒が飲めないので説明できませんが、お正月などこのお酒を頂きながらおせち料理を味わうことが定番になっています。

2013-0721-5
PENTAX K-5Ⅱs+smc DA70mm F2.4 Limited

最後は加古川を渡る3000系電車です。上に貼った2000系より新しいと思っていましたが、その逆で3000系のほうが古いそうです。この車両もアルミ合金だそうです。この辺りは加古川の中流になりますが、せせらぎを見ていると暑さも忘れられるかと思いましたが汗かきの僕は、流れる汗をひたすら拭きながら撮影をしてました。この後は、北条鉄道へ移動しました。
スポンサーサイト

category: 神戸電鉄

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 2   

もうすぐ頂上? 

土曜日の午後、神戸電鉄新開地~鈴蘭台の間だけですが乗車してきました。以前の神鉄記事で「鈴蘭台まで一気に登るよ!」と教えていただいたので、その登る感触を味わいたくてちょっとワクワク気分でした。

乗り鉄のお約束?一番前の車両に乗車し出発を待ちました。新開地の次の駅湊川までは地下区間でしたが、そこから地上に出たと思ったら一気に登り始め、あっという間に神戸の街並みが眼下に見えるようになりました。

2012-1013-3

そして鵯越から鈴蘭台までは秘境といってもよいくらいの山の中を駆け抜けて鈴蘭台駅に到着しました。写真は鵯越駅のホームから登坂してくる神鉄を撮影したものですが、トンネルの向こう側との高低差がお分かりいただけるかな?と思います。

2012-1013-1

category: 神戸電鉄

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 2   

再び神鉄 

梅雨の止み間で天気が回復した日曜日、先週に引き続きドライブがてら高砂、明石、須磨を通り長田から鈴蘭台のほうへ車を走らせました。道中、山陽電車のポイントを探しながらでしたがせっかく神戸まで来たので、神戸電鉄の撮影ポイントもチェックしようと思いました。
前回の記事へ頂いたコメントで急勾配、山岳路線であるとお聞きしましたので楽しみに鈴蘭台方面へ向かいました。長田から北方向へ向かうと道路も一気に登り始めます。神戸電鉄の路線もカーブが多く撮影できるポイントも多くありそうです。鈴蘭台までやって来ましたが、車を駐車できる場所が見つけられず、そのまま粟生線に沿って西の方へ移動しました。

途中の駅近くにある踏切から前回撮影したレトロな車両に会うことができました。でも、この車両は一番前にパンタが付いているため、いつもの感覚で構えているとファインダーから外れてしまいます。ズームを戻してなんとか撮ることができました。
20120619-1

さらに西方向へ移動すると、規模は小さいですが車両基地がありました。その近くの踏切からは複々線になっているので架線柱が邪魔することなく撮影できる場所がありました。ステンレスに赤色の塗装を施した車両、直ぐ様『これがウルトラマン』と気づきました。次回はスルット関西のフリー切符を使い、鈴蘭台近辺の急勾配なポイントを歩いて撮影に行こうと思います。
2012-0619-2

category: 神戸電鉄

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 2   

神鉄のレトロな車両 

前回と同じく粟生町にて神戸電鉄の撮影をしました。通称、神鉄と呼ばれているこの路線は神戸の新開地から有馬温泉を抜け三田市へ向かう路線と鈴蘭台から枝分かれして三木、小野、そして終点の粟生へ延びる路線があります。”神戸”と名のつく鉄道会社なので車両も最新の綺麗なものだろうと思っていたのですが、カーブを曲がってやってきたのは3両編成の昭和の雰囲気たっぷりなレトロな電車でした。
2012-0613-1

これは、なかなか「好みかも?」と正直思いました。粟生駅で折り返し運転のため場所を変え加古川の土手に上がると、ここからも昭和の雰囲気たっぷりな橋脚がありました。この車両に虜になるかのように、暫く沿線を探索していましたが単線で架線柱が両側に立っているので、なかなか良いポイントを見つけることができません。
2012-0613-2

そうしているうちに次の電車がやって来る時間となりました。結構期待をしていましたが、やってきたのは先ほどの車両とは違い、少し新しめの車両で少し面白味に欠けました。
2012-0613-3

category: 神戸電鉄

thread: 鉄道写真  -  janre: 写真

TB: 0    CM: 2   

プロフィール

1クリックお願いします

カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

天気予報

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。